阪急バス路線物語(BLOG ver.)

阪急バス・阪急田園バスが運行する京阪神地区を中心に、「バス停」とその風景を撮り続けています。

5501(0188) 呉服橋西詰(くれはばしにしづめ)

5501_16.jpg 
 川西市小戸2丁目、国道176号・呉服橋西詰にある停留所。 1966~1967年頃までは「川西病院前」という停名だったが、市立川西病院が中央町(市役所北東。その後東畦野へ再々移転)に移転したことにより、現在の停留所名称となった。
 2002年3月24日ダイヤ改正時に杉生線[12][22]池田~日生中央系統の廃止に伴って、一般路線としてこの停留所は廃止された。同改正以降も、深夜急行バスの降車専用停留所として引き続き使用されていた。
 2017年11月1日、東能勢線伏尾台系統のJR川西池田乗り入れに併せて、一般路線として再新設されることとなった。この再新設に伴って、停留所コード番号が0188から5501に変更された。

5501_37.jpg 
 池田方面に向かって撮影。

5501_20.jpg 
 JR川西池田方面の標柱。2017年11月1日の池田~JR川西池田間の運行復活によって、表示内容も修正された。

0188_k.jpg 
 2002年3月の運行休止前に撮影したもの。

0188_03.jpg 0188_06.jpg 
 2006年10月に撮影したもの。このときは、深夜急行バスが停車するにも関わらず「休止中」という表示のみに。

0188_110330_01.jpg 0188_110330_03.jpg
 2011年3月末現在の標柱。「おりば専用」標柱に変わった。

5501_39.jpg 
 池田方面の標柱。こちらは2017年11月1日に新設された。

0188_i.jpg 5501_28.jpg 
 2002年3月の運行休止前に撮影した、池田方面の標柱。現在のバス停よりも70mほど池田側に設置されていた。
 (左:2002年3月撮影、右:2017年10月撮影)

2002.3 2006.10.2 2011.3.30 2017.10.28

関連記事

 停留所(一般路線)