阪急バス路線物語(BLOG ver.)

阪急バス・阪急田園バスが運行する京阪神地区を中心に、「バス停」とその風景を撮り続けています。

笹尾峠(ささおとうげ) [阪急田園バス(旧・西谷バス) 廃止停留所]

sasaotouge_01.jpg  
  宝塚市上佐曽利(字 林口・滑良・谷口山付近?)にあった停留所。1951年、西谷自動車(現・阪急田園バス)の武田尾~上佐曽利線を六瀬役場前(現・
六瀬支所前)まで延伸することで新設された。当時の運行開始認可の地図資料によれば、このあたりに停留所があったと思われるが、その後の兵庫県道319号線(下佐曽利笹尾線)の線形改良により、当時のバス停の位置を確認することは不可能になった。

sasaotouge_03.jpg 
 上佐曽利から1.20km、六瀬役場前から1.30km地点にあったとされる笹尾峠バス停。県道の線形改良に伴い、上佐曽利から0.8kmほど。歩いても10分ほどの距離になった。

sasaotouge_05.jpg 
 阪急田園バス「
上佐曽利」停留所から阪急バス「六瀬支所前」停留所までは、峠を越えて2.2km、歩いて30分ほどの距離。一方で、上佐曽利から西谷地区の中心部(西谷支所)までは4km以上も離れている。現在でも旧六瀬村とのつながりがあるのか、地元車両の往来も少なくない。

takedaomutsuse_line_toppic.jpg 
 武田尾~六瀬線の歴史や時刻・運賃については
こちらのコラムで紹介しているので、参考に。

img20180618_178.jpg 
 武田尾~六瀬線はわずか2年で武田尾~上佐曽利間の運行に短縮された。武田尾~上佐曽利系統は1955年に三田市境を越えて
波豆川に延伸している。

2018.6.18
関連記事

 廃止停留所(一般路線)