阪急バス路線物語(BLOG ver.)

阪急バス・阪急田園バスが運行する京阪神地区を中心に、「バス停」とその風景を撮り続けています。

高速バス自動券売機で乗車券を発券してみました。

 2017年11月 大阪梅田チケットセンター(阪急高速バス大阪梅田ターミナルのりば)に高速バス自動券売機が設置。
img_20180203_ticket_048.jpg 
 2017年11月、大阪梅田(阪急三番街)バスターミナルの窓口に高速バス乗車券の自動券売機が設置されました。
 今回、高速バスを利用する機会があり、さっそくこの発券機を使ってみました。

img_20171129_press.jpg
 ちなみに阪急バス公式WEBによるプレスがこちら。公式WEBでの発表は11月29日 でしたが、それより前には設置されていたようです。

img_20180203_ticket_004.jpg  
 こちらが自動券売機の全体像。

img_20180203_ticket_005.jpg 

 上が液晶画面。

img_20180203_ticket_008.jpg 
 真ん中に発券口とクレジットカード挿入口。下段上部に紙幣と硬貨の挿入口、下段下部に硬貨のおつりが出てきます。

img_20180203_ticket_011.jpg 
 では、さっそく発券をしてみましょう。今回は既にインターネットで予約済みなので、「ご予約済み乗車券購入」をタッチ。

img_20180203_ticket_015.jpg 
 予約番号を入力します。

img_20180203_ticket_016.jpg  
 すると予約内容が表示されます。間違っていないことを確認して「確認」をタッチ。

img_20180203_ticket_017.jpg 
 ここで運賃を支払います。現金で支払ってみましょう。

img_20180203_ticket_020.jpg  
 お金を入れて…。

img_20180203_ticket_030.jpg 
 発券されてきました!

img_20180203_ticket_036.jpg 
 今度はクレジットカードで支払ってみましょう。クレジットカードの差込口にカードをいれます。

img_20180203_ticket_042.jpg 
 すると、カードを読み込んで、発券。暗証番号を入力する場面が無かったのが、ちょっと心配ですが…。

img_20180203_ticket_052.jpg 
 発券されたチケットがこちら。乗車券の厚さは、通常の通常券と同じほど。いわゆる「上質の110㎏(ヒャクトウ)紙」と呼ばれる紙と同じ厚さでした。

img_20180203_ticket_00001.jpgimg_20180203_ticket_00004.jpg  
 乗車券はこんな感じになりました。文字はMSゴシック体が中心に使われているようです。また、スキャンするとコピー防止の文字が浮かび上がります。
 裏面には約款が書かれているのは、通常の乗車券と同じでしょう。

 img_20180203_ticket_00003.jpg img_20180203_ticket_00002.jpg 
 領収書はこんな感じ。左が現金払い、右がクレジット払いのものです。裏面は上のものと同じく約款が載っています。

img_20180203_ticket_048.jpg 
 ということで、自動券売機を利用した高速バス乗車券発券の体験レポートでした。初心者でもスムーズに発券できるので、「乗車券を購入するのに、窓口係員と相談する必要もない!」「ささっと発券したい!」という人にはオススメです。

関連記事

 コラム(イベントなど)