阪急バス路線物語(BLOG ver.)

阪急バス・阪急田園バスが運行する京阪神地区を中心に、「バス停」とその風景を撮り続けています。

奥山台(おくやまだい)

okuyamaguchi_20060723.jpg  
 川辺郡猪名川町杉生にあった停留所。「奥山」とは、県道12号から東側にある地域のこと。杉生線(池田~籠坊温泉系統)の運行開始による杉生新田~籠坊温泉間の延伸に伴って、1962年11月20日運行開始に新設された。その後、1974年4月(1972年11月説も)運行休止、1977年6月21日に廃止された。
 停留所名称や付近の道路形状から、県道12号と601号の交差点付近(写真)にバス停が設置されていたものと思われる。また周辺住民への聞き取りによれば、確かにこの分岐点付近に停留所があったとのことだが、停留所名称までは定かではないとのことだった。こうした調査から、停留所位置に関する資料が無く、「奥山台」停留所の位置はあくまで推定である。

okuyamadai_001.jpg 
 県道分岐に向かって撮影。左に折れると杉生新田はすぐだ。

okuyamaguchi4_20060723.jpg 
 杉生の奥山集落と県道601号方面との分岐点。左側の本線が籠坊方面。

okuyamaguchi2_20060723.jpg 
 篭坊温泉への2.5㎞の道のりは狭隘区間が続く。ここを大型の路線バスが通っていたのだ。

okuyamaguchi3_20060723.jpg 
 後川方面から分岐点を望む。ここから杉生新田バス停は南へ200mほど。

2006.7.23 2018.3.2
関連記事

 廃止停留所(一般路線)