阪急バス路線物語(BLOG ver.)

阪急バス・阪急田園バスが運行する京阪神地区を中心に、「バス停」とその風景を撮り続けています。

九十九(つくも)

tsukumo_01.jpg 
 吹田市津雲台5丁目にあった停留所。1962年9月15日の千里ニュータウン線(当時)の運行開始に伴って新設されたが、1981年4月15日の千里ニュータウン線路線再編で廃止された。末期は北行きのみに停留所が設置されていた。
 千里ニュータウンが「千里山」だった頃、この付近一帯には「九十九谷」という小さい谷が連続してあったという。字名としても「九十九」が残っていたものが、現在の「津雲台」の由来となった。現在も旧九十九バス停~府道121号線・津雲台二丁目交差点間を貫く道路には「九十九坂」という愛称があり、現在でも「九十九」の地名が遺されている。

tsukumo_10.jpg 
 この九十九停留所が新設された11年後には阪急山田駅が開業。駅から徒歩圏となった。

2017.6.18
関連記事

 廃止停留所(一般路線)