阪急バス路線物語(BLOG ver.)

阪急バス・阪急田園バスが運行する京阪神地区を中心に、「バス停」とその風景を撮り続けています。

創立90周年記念事業、ぞくぞくと。#90yearhanica

img_201707hanica_04.jpg  
 阪急バスは2017年7月24日で創立90周年を迎えました。この周年記念事業として特別仕様のhanicaカードが発売されました。

img_201707hanica_09.jpg 
 3000枚の限定で発売された記念hanicaは、梅田チケットセンターと千里中央・阪急宝塚駅・阪急西宮北口駅・阪急茨木市駅の各特設ブースで発売されました。写真は千里中央の様子。買い物帰りの主婦だけでなく、昼休みを利用して買いに来るサラリーマンの姿も垣間見えました。

img_201707hanica_11.jpg 
 ブースに設置された幟(のぼり)。懐かしい車両も姿も見えます。

img_201707hanica_01.jpg 
 同時に発売された90周年記念のマスキングテープをあしはらった台紙。

img_201707hanica_06.jpg 
 台紙の裏面はこんな感じ。シンプルなようでカッコイイですね。

img_201707hanica_02.jpg 
 台紙の中身はこんな感じ。

img_201707hanica_03.jpg 
 社史も載っています。阪急バスは、
阪神香枦園苦楽園三笑橋間に路線を有した摂津遊覧自動車(→摂津自動車→阪神合同バス)が設立の起源ですが、宝塚・有馬方面に路線をもっていた宝塚有馬自動車、豊能郡・川辺郡など山間部に路線をもっていた北摂自動車との合併、茨木・高槻・乙訓郡など淀川右岸路線を京阪バスから譲り受けるなどして路線の規模を拡大してきました。府県を跨いで路線網を持つ事業者はなかなか例が見られないものです。

img_201707hanica_05.jpg 
 裏面はこんな感じ。通常のhanicaとは材質も異なる様子。

img_201707hanica_08.jpg 
 あわせて発売されたマスキングテープと、配布された小冊子。

img_201707hanica_12.jpg 
 2017年7月24日からは、創立90周年記念ラッピングバスの運行も開始しました。茨木営業所に所属する3122号車(2017年製)にラッピングを施し、粟生団地線(千里中央~粟生団地・間谷住宅ほか)で運行されています。

20170726_90birthbus_02.jpg  
 実際の写真がこちら。

20170726_90birthbus_03.jpg 
 側面には昔のバス車両が描かれています。

20170726_90birthbus_04.jpg 
 こちら側には90年代以降のバスが描かれていますね。

20170726_90birthbus_05.jpg 
 背面には阪急バスのキャラクターも。




20170726_90birthbus_01.jpg  
 また7月初旬から、路線バス882台のうち300台の前面には、90周年をPRするフロントマスクを掲出しています。

img_201707hanica_13.jpg 
 高速線でも、1981年7月20日に運行を開始した大阪~新見線(現在の新見・三次線)の運行当初に使用された車両と同じカラーリングのバスがすでに登場済みです。

 乙訓・北摂・丹波・阪神の各地域を走る阪急バス。せっかくなのですから、バスに揺られながら、みなさんの住む地域の「90年」という歴史を散策しに行くのも面白いかもしれませんね。






ちなみに…。
img_201707hanica_07.jpg 
 ちなみに。このブログでは、10年後の創立100周年に向けて廃止路線の調査・解析を進めて、記憶に埋もれてしまった歴史を発掘しているところです。現地での聞き取り調査が不可能になりつつある今、様々な手法で調査を進めています。終わりがみえない作業ですが…、ぼちぼちとやっていきます。
 (写真は、住宅地図と公図・農地台帳をフル活用しながら、バス停の位置を特定させているものです。)

関連記事

 コラム(イベントなど)