阪急バス路線物語(BLOG ver.)

阪急バス・阪急田園バスが運行する京阪神地区を中心に、「バス停」とその風景を撮り続けています。

阪急千里山(はんきゅうせんりやま)

hankyu_senriyama_01.jpg  
 吹田市千里山西5丁目1番地先、阪急千里山駅前にあった停留所。
 1962年9月15日、佐竹台のまちびらきにより、千里ニュータウン線の運行開始によって新設された。阪急千里山~千里ニュータウン~国鉄吹田、阪急千里山~千里ニュータウン~山田弘済院系統が運行され、阪急千里山で20回の便が発着していた。翌1963年6月10日には高野台のまちびらきに伴って、阪急千里山で129回に増回された。
 その後、阪急千里線が新千里山駅(現在の南千里駅)への延伸に伴って、1963年8月29日、佐竹台・高野台への輸送は南千里駅発着が主体となったことから、阪急千里山への運行は同時に廃止された。詳細は
こちらも参照。

hankyu_senriyama_07.jpg 
 一本松方面に向かって撮影。

hankyu_senriyama_04.jpg 
 バス停があった場所には、阪急タクシーの車庫が設置されている。

hankyu_senriyama_11.jpg 
 阪急千里山駅。現在では路線バスの発着はない。

2017.6.18
関連記事

 廃止停留所(一般路線)