阪急バス路線物語(BLOG ver.)

阪急バス・阪急田園バスが運行する京阪神地区を中心に、「バス停」とその風景を撮り続けています。

2016年6月6日 北大阪ネオポリス線ダイヤ変更実施。箕面トンネル経由便 運行開始!

※この記事をご覧の皆さまへのお願い。
 本記事につきましては、当ブログの免責事項にもありますように、
 各種関係団体(豊能町役場・阪急バスほか)に問い合わせることはお止めください。
 ご理解とご協力をお願いします。


2016年6月6日、北大阪ネオポリス線[27]箕面トンネル経由系統運行開始!

img_20160606_029.jpg 
 2016年6月6日、豊能管内で北大阪ネオポリス線を中心に路線再編が実施されました。運行開始当日の様子を少しですがご紹介します。

img_20160606_001.jpg 
 日がようやく明けだした頃の余野(東能勢中学校前)停留所。すでに時刻表が新しいものに交換されており、いつでも準備ができる状態でした。

img_20160606_005.jpg 
 今回のダイヤ変更の告示。

img_20160606_007.jpg 
 こちらは忍頂寺線のものです。

img_20160606_011.jpg 

 千里中央方面の始発便となる[23]希望ヶ丘・泉原・彩都西駅・白島経由[急行]千里中央行き。余野5:44発→千里中央6:45着と、現行の始発便(余野6:05発→千里中央6:59着)より、千里中央着が14分繰り上げられました。なお、千里中央発の最終便が22:48発から22:55発になったため、千里中央の滞在可能時間が21分拡大したことになります。
 運行初日は、希望ヶ丘二丁目で1名、希望ヶ丘三丁目で1名という残念な結果でしたが、これからの定着に期待したいところです。

img_20160606_0112.jpg 
20160606_neopolis_maku_08.jpg 
img_20160606_014.jpg 
20160606_neopolis_maku_21.jpg 
img_20160606_016.jpg 
 各種行先表示はこんな感じ。車内放送は「希望ヶ丘内、上音羽、泉原、彩都西駅、彩都粟生南、青松園前、白島経由千里中央行」と経由地を増やしていました。


img_20160606_033.jpg 

 こちらは箕面トンネル経由便の始発となる、[27](箕面トンネル経由)千里中央行き。希望ヶ丘四丁目6:15発→千里中央6:58着です。泉原・彩都西経由でなくこちらを選んだ客が多いのか、初日は、希望ヶ丘四丁目10人、三丁目6人、二丁目7人、余野1名と乗客を集め、24人の乗客がトンネルを越えていきました。
 この日はトンネル経由便の様子を確認するために、ダイヤ編成担当者や支社長などが余野で様子を見守っていました。 

img_20160606_034.jpg 
20160606_neopolis_maku_01.jpg 
img_20160606_040.jpg 
20160606_neopolis_maku_14.jpg 
img_20160606_044.jpg 
 
 新[27]系統・千里中央行きの行先表示。

img_20160606_026.jpg 
 ネオポリス線の各車両には、定期運行バス適用証が貼られていました。これにより、今回のダイヤ改正からは、豊能営業所~千里中央間の回送経路が箕面トンネル経由となりました。

img_20160606_082.jpg 
 こちらは[23]系統・彩都西駅。始発の千里中央行きが折り返しで彩都西駅行き(千里中央6:52発→彩都西駅7:18着)となります。乗客は残念ながら1名のみ。

20160606_neopolis_maku_11.jpg 
img_20160606_083.jpg 
20160606_neopolis_maku_24.jpg 
 各行先表示。

img_20160606_097.jpg 
 折り返し、彩都西駅7:25発→千里中央7:56着の便。彩都西駅では阪急バス・阪急田園バスの本社担当者が様子を見守っていました。

img_20160606_115.jpg 
 彩都粟生南地区を走るネオポリス線。

img_20160606_121.jpg 
 彩都地区のバス停にはこんな掲示がされていました。

img_20160606_131.jpg 
 最後に紹介するのは、[27](箕面トンネル経由)余野・希望ヶ丘四丁目行き。

img_20160606_148.jpg 
 写真は千里中央19:25発→希望ヶ丘四丁目20:06着の便です。ネオポリス線で大行列を見たのは何年ぶりでしょうか。

img_20160606_150.jpg 
 運行初日では、千里中央で33人が乗車。白島で4人降車・1人乗車。30人もの乗客がトンネルを越えたあと、余野で1人、浅田で1人、希望ヶ丘二丁目で7人、三丁目で17人、四丁目で4人で降車していきました。車内では終始満席となり立客も出るほどでした。

img_20160606_170.jpg 
 車内運賃モニターで「希望ヶ丘四丁目」の表示を出しながら、箕面トンネルの中を通過する光景は、なかなか実現されてきませんでした。
 
img_20160606_133.jpg 
20160606_neopolis_maku_02.jpg 
img_20160606_139.jpg 
20160606_neopolis_maku_15.jpg 
img_20160606_142.jpg 
 各種の行先表示。

img_20160607_001.jpg 
 ネオポリス線の主要系統となった[23]系統。写真は粟生団地を経由しない希望ヶ丘二丁目行き。

img_20160607_009.jpg 
20160606_neopolis_maku_09.jpg 
img_20160607_022.jpg 
img_20160607_026.jpg 
20160606_neopolis_maku_22.jpg 
 各行先表示。

img_20160607_037.jpg 
 [23]系統 粟生団地を経由しない希望ヶ丘・余野行き。

img_20160607_032.jpg 
20160606_neopolis_maku_10.jpg 
img_20160607_048.jpg 
img_20160607_041.jpg 
20160606_neopolis_maku_23.jpg 

 このほか、新系統としては、[31]千里中央~[急行]~白島~(粟生団地・奥・西四循環)が新設されています。
 これは、ネオポリス線がトンネル経由化および減便されることに対し、箕面市が市内の運行本数の減便を頑なに拒んだため、その代替措置として平日2便が運行されることになりました。(彩都西駅区間便についても、箕面市からの要請によるもの)

 ということで、運行開始初日の様子をざっくりとご紹介しました。
実際に利用してみた雑感ですが・・・、
 ◇大抵の客は泉原経由を嫌ってトンネル経由に集中。立ち席も。
 ◇立ち客になってもそれほど身体への負担がない(トンネル経由)
 ◇ダイヤ編成が甘く、狭隘区間など危険個所で離合するハメに。
 ◇千提寺口での茨木接続が一切考慮されなくなった。
  →夜中21時に50分近く暗闇で待たされる女子高生がいた。
 ◇余野~希望ヶ丘区間便の全廃
  →もはや池田接続も一切考慮されず。
 ◇接続が考慮されないと、東能勢線・忍頂寺線は、
  乗継客の減少→更なる本数削減の悪循環に?
 ◇ダイヤに余裕時分が無く、やや遅れ気味に。

うーん、どうにかならんもんでしょうか?

メモ:北大阪ネオポリス線・新系統の行先表示(画像はイメージです)
20160606_neopolis_maku_13.jpg 
20160606_neopolis_maku_12.jpg 
20160606_neopolis_maku_11.jpg 
20160606_neopolis_maku_10.jpg 
20160606_neopolis_maku_09.jpg 
20160606_neopolis_maku_08.jpg 
20160606_neopolis_maku_07.jpg 
20160606_neopolis_maku_06.jpg 
20160606_neopolis_maku_05.jpg 
20160606_neopolis_maku_04.jpg 
20160606_neopolis_maku_03.jpg 
20160606_neopolis_maku_02.jpg 20160606_neopolis_maku_01.jpg 

20160606_neopolis_maku_26.jpg 
20160606_neopolis_maku_25.jpg 
20160606_neopolis_maku_24.jpg 
20160606_neopolis_maku_23.jpg 
20160606_neopolis_maku_22.jpg 
20160606_neopolis_maku_21.jpg 
20160606_neopolis_maku_20.jpg 
20160606_neopolis_maku_19.jpg 
20160606_neopolis_maku_18.jpg 
20160606_neopolis_maku_17.jpg 
20160606_neopolis_maku_16.jpg 
20160606_neopolis_maku_15.jpg 
20160606_neopolis_maku_14.jpg 
関連記事

 特集:豊能町地域公共交通基本構想