阪急バス路線物語(BLOG ver.)

阪急バス・阪急田園バスが運行する京阪神地区を中心に、「バス停」とその風景を撮り続けています。

七軒家(しちけんや)

shichikenya_02.jpg  
 東大阪市稲田新町2・3丁目にあった停留所。停留所名称の由来は付近の地名から。
 1958年6月1日、阪急・京阪・近鉄・国鉄の4社協定運行による吹田八尾線(国鉄吹田駅前~国鉄八尾駅前)の運行開始に伴って新設された。阪急バスでは1984年4月1日に八戸の里駅前~国鉄八尾駅前間6.5kmを廃止、国鉄吹田駅前~八戸の里駅前系統として運行を続けていたが、1993年7月1日の路線再編によって、京阪門真市駅~八戸の里駅前間・9.1kmの運行を休止した。これにより、当停留所は休止扱いとなっていた。しかしながら、大阪モノレール延伸開業と併せて、1999年7月1日に吹田八尾線は全廃となり、当停留所も廃止された。

shichikenya_01.jpg 
 吹田方面に向かって撮影。停留所があったことを示すような痕跡は残っていなかった。

2016.4.16

関連記事

 廃止停留所(一般路線)