阪急バス路線物語(BLOG ver.)

阪急バス・阪急田園バスが運行する京阪神地区を中心に、「バス停」とその風景を撮り続けています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

武庫大橋(むこおおはし)

mukooohashi_04.jpg 
 尼崎市稲葉荘1丁目、国道2号線・武庫大橋東詰にあった停留所。1966年8月1日、武庫川線路線再編に伴って廃止された。これにより、武庫川線は武庫大橋発着から国鉄甲子園口発着に変更となった。
 阪急バスの武庫大橋停留所は、当時の地図や住宅地図では詳細な場所が分からなかったものの、当時の阪神電鉄国道線の電停や阪神バス停留所と同じ位置にバス停があったものと思われる。

mukooohashi_01.jpg 
 尼崎方面に向かって撮影。車線幅もあることから、Uターンして折り返していたものと思われる。

mukooohashi_03.jpg 
 現在の阪神バス東向きの標柱。ここから一里山・宝塚方面へのバスがそれぞれ1日1往復でていた。

mukooohashi_02.jpg 
 現在の阪神バス東向きの標柱。

1964年当時の路線
・一里山~甲武橋西詰~武庫大橋間 
 4.9km・20円 一里山15:23発、武庫大橋15:38発、所要時間20分、1日1往復
・宝塚~甲武橋西詰~武庫大橋間
 11.4km・40円 宝塚12:10発、武庫大橋12:46発、所要時間40分、1日1往復

2016.2.27
関連記事

 廃止停留所(一般路線)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。