阪急バス路線物語(BLOG ver.)

阪急バス・阪急田園バスが運行する京阪神地区を中心に、「バス停」とその風景を撮り続けています。

2015年5月31日、第6回「阪急バスグループお客様感謝Day」が開催。

img_20150531_35.jpg 
 今年も阪急阪神エムテック茨木工場・阪急バス茨木営業所の敷地内において、「第6回・阪急バスグループお客様感謝Day」が開催され、小さい子どもを連れた親子連れを中心に、多くの方々がイベントを楽しんでいました。この記事では、そのイベントの様子を少しだけご紹介します。これまでのイベントの様子(
第3回(2012年)第4回(2013年)第5回(2014年))については、各ページをご覧ください。

img_20150531_03.jpg 
 入場門では廃止から20年近く経つデマンドバスの展示もされていました。

img_20150531_22.jpg 
 車両展示されていた「猪名川町ふれあいバス」の新造車両。猪名川町のマスコットキャラクター「いなぼう」がデザインされています。このほか、阪急バスと関係のある各社局(阪急観光バス・大阪空港交通・阪神バス・京都市バス・神戸市バス・さくらやまなみバス・長岡京市コミュニティバスなど)の展示も行われていました。
 
img_20150531_25.jpg 
 今年も長蛇の列となった高速バス試乗会。このほか、阪急阪神エムテックによる工場見学・車両リフトアップ、バス車両展示()、洗車機体験、走れミニバス、バスカーリング、乗り方教室、バスと綱引き、バス展示・子ども制服撮影、エアーでガンマンといったブース出展がありました。(各ブースの様子については、過去の記事もあわせてご覧ください。)

img_20150531_21.jpg 
 休憩室には阪急バスの今までの歴史や古い写真が紹介されていました。この写真、いつ頃のものなんでしょうか…。

img_20150531_29.jpg 
 今年からはステージイベントもはじまりました。京都市バスの「京ちゃん」、西宮市の「みやたん」、長岡京市の「お玉ちゃん」、猪名川町の「いなぼう」、阪急バスの「バースケ」といった ゆるキャラとの記念撮影や、じゃんけん大会、クイズ大会などが行われました。

img_20150531_31.jpg 
 売店コーナーには こんな お饅頭も。おいしかったです。

img_20150531_odekake.jpg 
 来場者には、小さい子どもをもつ保護者向けに「阪急バスおこさまおでかけガイド」も配布されました。「バスの乗り方が分からない」人も増えているなか、子ども向けにこうした取り組みを行っている事業者も増えてきました。

 阪急バスに限らず、イベント開催を重ねていくほどに、親子づれを多く見かけるようになる「乗り物」のイベント。小さい頃からバスに親しみをもってもらい、単に移動手段だけではない付加価値をつけることによって、さらにバスを好きになってもらう。そういった小さな積み重ねが、バス業界の将来につながるのかも知れません。
関連記事

 コラム(イベントなど)