阪急バス路線物語(BLOG ver.)

阪急バス・阪急田園バスが運行する京阪神地区を中心に、「バス停」とその風景を撮り続けています。

高岡高速バスターミナル(たかおかこうそくばすたーみなる)

hw_takaoka_kousoku_005.jpg 
 富山県高岡市戸出西部金屋、北陸自動車道・高岡砺波スマートIC付近にある停留所。阪急バスの停留所としては2015年4月1日に新設された。
 この「高岡高速バスターミナル」は、高岡市が整備し、2015年4月1日に併用開始したもの。バスバースが4ホーム、無料駐車場が90台設置されているほか、待合所・トイレや消雪施設も完備されている。詳しくは高岡市役所の公式サイト(
こちら)にて。

hw_takaoka_kousoku_045.jpg 
 正式名称は「高岡高速バスターミナル」。「高岡」という名称はついているものの、高岡市の最南端にあり、戸出まで4km弱、高岡市街まで10㎞と、かなり離れている。

hw_takaoka_kousoku_040.jpg 
 周辺道路とバスターミナルの全景。スマートICすぐのところにバスターミナルが設置されている。 

hw_takaoka_kousoku_028.jpg 
 バスターミナル構内から北側に向かって撮影。右側にあるのが待合室。計画段階では待合室に沿ってホームが設置されていたが、何らかの理由でターミナルの外縁にそってホームが設置されることに。・・・となると、雨風をしのぐにはやや不便に。

1番のりば 
 富山地鉄バス・阪急バス 大阪方面 (のりば・おりば)

hw_takaoka_kousoku_010.jpg 
 1番のりばではバスターミナル併用開始とともに乗り入れを開始した阪急バス・富山地鉄バスの大阪~富山線が乗降扱いを行う。

hw_takaoka_kousoku_037.jpg 
 のりばの標柱はこんな感じ。掲出部がかなり大きい。

hw_takaoka_kousoku_035.jpg 
 道路側から見るとこんな感じ。「大阪行き」などと書いてあっても良さそうな気も。

hw_takaoka_kousoku_015.jpg 
 時刻表は地元の富山地鉄が管理・掲示している。

2番のりば 
hw_takaoka_kousoku_021.jpg 
 2番のりばでは、旧高速ツアーバスの丸一観光による東京線のバスが乗降扱いを行っている。(2015年4月現在)

3番のりば

hw_takaoka_kousoku_026.jpg 
 3番のりばは現在のところ未使用。

4番のりば 

hw_takaoka_kousoku_048.jpg 
 1番のりばの斜向かいにある4番のりば。こちらも未使用。

hw_takaoka_kousoku_030.jpg 
 待合室のなかはこんな感じ。併用開始から間もないせいか、汚れもなくキレイだ。

hw_takaoka_kousoku_044.jpg 
 停留所横に設置されている無料駐車場。90台が駐車できる。

hw_takaoka_kousoku_011.jpg 
 高岡高速バスターミナルを去る、富山行きの阪急バス。

hw_takaoka_kousoku_002.jpg 
 高岡高速バスターミナルの英語表記は "Takaoka kosoku Bus Terminal" だそう。

2015.4.19



<補足> 「高岡高速バスターミナル」について

◆ アクセス
>> 「東開発」バス停から北へ1.7km(徒歩25分)

 ・JR城端線・砺波駅から加越能バス・砺波総合運動公園線 (本数僅少)
 ・JR城端線・砺波駅から砺波市営バス・東部循環線 (本数僅少・運行日注意)
>> 「高岡法科大学」バス停から南へ1.2km(徒歩20分)
 ・高岡駅、新高岡駅から加越能バス・高岡法科大学線 (本数少ない)
>> JR各駅から
 ・油田駅から東へ3.4km(徒歩50分)、戸出駅から南へ3.6km(徒歩50分)
◆ 周辺施設
 ・バスターミナル構内に待合室、公衆トイレ有り。
 ・無料駐車場90台あり。
 ・周辺には飲料自販機、コンビニ等はなし。
 ・公衆電話なし。タクシーの常駐もなし。
◆ 概要 
 高岡高速バスターミナルは高岡市・砺波市の市境付近に位置しており、どちらの市街地からも離れている。砺波市内であれば「砺波駅南」停留所を利用した方が利用しやすい。高岡市街や戸出方面についても、路線バスの停留所も近傍になく、タクシーの常駐がないことから、2次アクセスが無いといってもいいくらい。パークアンドライドを利用するのでなければ、タクシーの迎車を事前に頼むか、こちらもやはり「砺波駅南」停留所からJR城端線等を利用した方が良さそうだ。
 路線バスでは、バスターミナルから北へ20分ほど行くと「高岡法科大学前」バス停から高岡市街へ、南へ20分ほど歩いた「東開発」バス停から砺波市街への路線がある。運行は加越能バスで、富山県が運営している「富山らくらく交通ナビ」(外部リンク)で時刻・運賃が検索できる。なお、いずれの路線とも運行本数が少ない。
 

>> 「東開発」停留所
hw_takaoka_kousoku_051.jpg 
 バスターミナルから南へ行くと、砺波方面への路線バス停留所がある。
 
hw_takaoka_kousoku_060.jpg 
 北陸道に向かって撮影。

hw_takaoka_kousoku_056.jpg hw_takaoka_kousoku_053.jpg 
 バス停の標柱。

hw_takaoka_kousoku_063.jpg  
 加越能バスと砺波市営バスは停留所名称が同じでも、違う場所にバス停が設置されている。

hw_takaoka_kousoku_069.jpg 
 北陸道方面に向かって撮影。

hw_takaoka_kousoku_067.jpg 
 砺波市営バスの標柱。

>> JR城端線・油田駅 

img_20150419_021.jpg 
 駅から徒歩40分(実測で1時間近く)のところにある油田駅。バスターミナルの最寄鉄道駅である油田駅も戸出駅もタクシーの常駐がないので、迎車を頼むしかない。

img_20150419_026.jpg 
 高岡~城端を結ぶJR城端線。

2015.4.19
関連記事

 停留所(高速線・地方編)