阪急バス路線物語(BLOG ver.)

阪急バス・阪急田園バスが運行する京阪神地区を中心に、「バス停」とその風景を撮り続けています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

2014年4月1日、路線バス・高速バスともに運賃改定へ。

2014年4月1日
消費税率改定に伴い、路線バス・高速バスともに運賃改定へ

IMG_6689.jpg 
 スーパーやコンビニで買い物をすると、「税抜」「税込」といった値札が交換されているのを見ると、「消費税があがるのも間近か・・・」と思ってしまう今日この頃。
 先日のコラムでもご紹介したとおり、阪急バスをはじめ、阪急田園バス・阪急観光バス・大阪空港交通・神鉄バスなど各バス会社でも、4月1日から運賃が改定されることとなりました。阪急バス・阪急田園バスの路線バスの運賃改定については
こちらでも紹介していますので、ご覧ください。

IMG_6685.jpg 
 今回の運賃改定ですが、高速線の場合はそもそも運賃を算出するための計算式がかなりややこしいせいもあってか、どの会社も算出根拠が明示されておらず…。
 では、一般路線バスはどうかというと、阪急バスと阪急田園バスでは「現行運賃額に108/105を乗じて(=かけて)、10円単位に四捨五入」という計算で運賃が改定されます(神鉄バスは例外あり)。ちなみにこれは運賃を同調するバス会社のうち、京阪バス・京阪京都交通などでも同じ算出根拠が適用されます。また、乗継乗車券や定期券などの一部乗車券でも、これに併せて発売額が改定されています。(一部例外あり)
 詳しい内容については、公式サイトで掲載されていますので、気になる方はチェックしてみてください。

IMG_6687.jpg 
 バスターミナルに掲示されている運賃表は既に交換作業が完了しているところもあり、3月31日までの運賃表と併せて掲示されていました。

IMG_6691.jpg 
 市内路線(特殊区間制)も1区210円から220円に。1997年1月8日以来、17年ぶりの運賃改定となりました。

※ その他
 今回の運賃改定にあわせて、池田~妙見山上間の「通し運賃」による運賃精算が廃止されることとなりました。詳しくはこちらをご覧ください。
(本社・営業推進課の回答による、2014.3.28)

関連記事

 コラム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。