阪急バス路線物語(BLOG ver.)

阪急バス・阪急田園バスが運行する京阪神地区を中心に、「バス停」とその風景を撮り続けています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

籠坊温泉(かごのぼう おんせん)

kagobou_06.jpg 
kagobou_05.jpg 
 左部分を撮影したもの。ここが阪急バス「籠坊温泉」停留所である。
 廃止からかれこれ30~40年経っているため標柱の痕跡は無いが、ベンチや電話BOX(昭和50~60年代頃まで、バス停と電話BOXがセットになっていたことが多い)が残っている。
 奥の建物が元公民館。

kagobou_03.jpg 
 上の待避所を天王向きに撮影。左が神姫バスの折返所、右が阪急バスの折返所となる。
 ちなみに付近には阪急バスが持っていた民家があり、運転士たちはその2階で寝泊りしていたという。今は改築され別の持ち主のものとなっている。

kagobou_04.jpg 
折り返し場にある看板。

神姫バス 籠の坊
kagobou_b02.jpg 
 神姫バスの「籠の坊」停留所。停留所前にある車庫は昔からあるものだが、建物自体は最近建て替えられたようだ。

kagobou_01.jpg 
 神姫バスの標柱(左は篠山市コミュニティバス。篭坊を走る神姫バスは特別な日に限ってコミュニティバスとして運行している)

<現在のアクセス方法>
・三田駅からの神姫バス小柿行で、終点の小柿で籠の坊行に乗り換え(3~5往復/日と本数が少ないので注意。ただし日曜運休。)
・日生中央から[41]杉生新田・後川行(5~6往復/日)で終点の後川停留所から徒歩40分(徒歩3km、勾配ゆるやか)または杉生新田停留所から(泉郷峠経由で)徒歩70分(約3km、勾配きつい)。バスは杉生まで16~19往復ほどあるが、杉生~杉生新田間だけでも徒歩2時間程度かかってしまう。
・ということで、個人的には車での訪問を推奨。

2006.7.23

関連記事

 廃止停留所(一般路線)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。