阪急バス路線物語(BLOG ver.)

阪急バス・阪急田園バスが運行する京阪神地区を中心に、「バス停」とその風景を撮り続けています。

籠坊温泉(かごのぼう おんせん) [篭坊温泉]

kagonobou_201802_019.jpg 
 兵庫県篠山市後川新田字湯ノ坪77番1号地先、旧籠坊公民館前にあった停留所。停留所名称は「坊温泉」との表記も。
 1962年11月20日、杉生新田~籠坊温泉間を延伸した杉生線・池田~籠坊温泉系統の運行開始に伴って新設された。路線の歴史については
こちらを参照。1974年4月(1972年11月説も)で運行休止となり、1977年6月21日に路線廃止とともに停留所も廃止された。
 少し北側に歩くと神姫バス「籠の坊」停留所があり、後川・小柿・三田方面に行くことができたが、2018年4月1日の篠山市域路線再編によって廃止され、市町村有償輸送に切り替えられた。

kagonobou_201802_022.jpg  
 杉生新田方面に向かって撮影。右側の空き地に旧籠坊公民館があった。バス停があったところは旅館に来た旅行者の駐車場として使われているようだ。

kagonobou_k06.jpg 
 2006年7月に撮影したときのもの。このときはまだ旧籠坊公民館の建物は健在で、旧バス停前にはベンチや公衆電話が残っていた。

kagonobou_k05.jpg 
 バス停の様子。ここに阪急バスが停まっていたのだろう。

kagonobou_201802_024.jpg  
 バス停があった場所から目の前に茶壁の民家がある。2006年7月に実施した住民への聞き取り調査によれば、この民家を阪急バスが借り切って、乗務員たちは2階で寝泊まりをしていたのだという。その後は改築され、建物の所有者も変わっている。

▼【神姫バス(神姫グリーンバス)『籠の坊』停留所(2018年4月1日廃止)

kagonobou_201802_001.jpg 
 籠坊へは阪急バスが当地に乗り入れる前から、神姫バスが三田方面からのバスを運行してきた。

kagonobou_k02.jpg 
 2006年7月に同じ場所で撮影したもの。

kagonobou_201802_013.jpg 
 後川方面に向かって撮影。車庫の後ろ側には公衆トイレもある。

kagonobou_201802_008.jpg 
 現在の神姫グリーンバスと篠山市コミュニティバスの標柱。「籠の坊」「篭坊」と停留所表記が揺らいでいる。

kagonobou_k01.jpg 
 2006年7月に撮影したときのもの。時刻表をみると、このときは平日で6便ほど運行されているほか、土曜日も運行されていたようだ。このときには既に三田駅~籠坊の直通運転は無くなっていたものの、「三田駅方面は道路向かい側でお待ちください」という掲示もあり、三田方面とのつながりが垣間見えた。

kagonobou_201802_015.jpg 
 阪急バス「篭坊温泉」停留所向かいにある旅館・湯の壺前には転回場が設置されている。バスの転回は、この先の公民館を使うか、この転回場を使うか、乗務員やバスの大きさによって異なるそうだ。

kagonobou_k03.jpg 
 2006年7月に撮影したときのもの。

kagonobou_k04.jpg  
 このときは「神姫バス」の文字が残っていた。

img_20180223_090.jpg 
 運賃表に見える「篭の坊」の文字。

img_20180223_063.jpg 
 [21]系統・三田駅北口~小柿系統から乗り継いで運行される[21]系統・小柿~籠の坊系統。火・金曜日に限り、後川下~篭坊間は篠山市コミュニティバス「ハートラン」[G]コースとして運行され、後川新田 原を経由するほか、この区間に限り運賃が200円均一となる。
 コミバスとしての運行をあわせても、小柿~籠坊間は月~金のみの運行。小柿~籠坊系統が4往復に加えて、篠山市東中学校からの通学バスとしての接続を目的に後川上~籠坊の区間系統が最終便として1往復運行されていた。
 2018年4月1日、篠山市域の公共交通網再編に伴って路線廃止となった。代わりに市町村有償輸送として篠山市街と後川地区を結ぶ路線が開設したが、地元住民以外は利用できなくなった。

2006.7.23 2018.2.23

 ▼ バスで籠坊温泉まで行ってみました。
kagonobou_bus_k09.jpg  
 2018年度末で小柿~籠坊の運行を取りやめるというニュースも報道されたことから、平日休みが取れた2018年2月下旬のある日、三田方面から小柿を経由して籠坊までバスだけで行ってみることにしました。

img_20180223_029.jpg 
 まず乗車したのは三田駅北口16:05発の[21]小柿行き。篭坊方面のバスに連絡するとはアナウンスがなされないので、心配ながらも乗車することに。この時間帯は沿線の小中学校の通学バスとしての性格が濃いようですが、終点までに全員が降りきってしまい、最後まで乗ったのは私だけに。小柿には16:41に到着。次のバスを待ちます。

img_20180223_053.jpg 
 これから乗り換えるバス(籠坊16:23発→小柿16:46着)がやってきました。篭坊から市街へ出るバスはこのバスが実質的な最終便となり、小柿16:53発→三田駅北口17:27着に乗り継ぐことができます。

img_20180223_068.jpg 
 小柿で折り返し16:51発の篭坊行きに乗車します。この日は金曜日だったため、後川下~篭坊間は後川新田 原を経由するコミバスとして運行し、篭坊には17:22(通常の路線バスは17:14)着に。

img_20180223_071.jpg 
 篠山市コミュニティバスとしての方向幕。

img_20180223_076.jpg 
 後川上では篠山営業所16:35発の後川奥方面行きバスと離合。このバスから乗り継いできた中学生が出合橋で下車。後川上での接続時間が1分ほどしかないのですが、篠山市街からの接続もどうにかなっているようです。

 このあと、籠坊に着いてから、上籠坊・天王口と各バス停跡を実地調査。天王口から日生中央駅まではタクシーを利用して帰りました。実際に利用してみると、籠坊から日生中央駅まではタクシーを利用すれば25~30分ほどで料金は6700~6800円ほどでした。

2018.2.23
関連記事

 廃止停留所(一般路線)