阪急バス路線物語(BLOG ver.)

阪急バス・阪急田園バスが運行する京阪神地区を中心に、「バス停」とその風景を撮り続けています。

高槻(たかつき)

takatsuki_tamachi_k03.jpg 
 高槻市城北町2丁目13-1地先、京口町1番地先、国道171号線・北大手東交差点東側にあった停留所。阪急高槻市駅へは200mほどの距離にあり、京都急行線の停車停留所でもあった。
 1997年12月22日、茨木水無瀬線のうち国道富田~高槻~阪急水無瀬間の運行休止に伴って休止扱いとなった。その後、2002年冬頃には標柱が撤去されている。
 廃止以降~2010年代前半、毎年初夏に一部車両の車内に貼られる広告には、近隣にある本行寺へのアクセスとして「阪急高槻下車スグ」と書かれていたが、この「阪急高槻」とはこの「高槻」停留所のことを意味していたようだ。

takatsuki_tamachi_k04.jpg 
 阪急バスの停留所廃止後も、高槻市バスでは8月に実施される高槻まつり開催により迂回運行に伴って「田町」臨時停留所を設置している。特に富田団地・柱本団地方面の臨時バスのりばについては、旧阪急バスバス停と同位置に設置されている。

takatsuki_k12a.jpg  
 2008年5月に撮影したときのもの。このときは歩道やガードレールが再整備されておらず、標柱の設置場所も容易に把握できた。

takatsuki_k12.jpg 
 上の写真にバス停標柱があった様子をかくとこのような位置関係になっていた。

takatsuki_k04.jpg 
 JR茨木方面のりばの様子。2002年8月中旬には標柱が撤去されていなかった。

takatsuki_k04b.jpg 
 JR富田・JR茨木方面の標柱。(2002年8月撮影)

takatsuki_tamachi_k07.jpg 
 高槻市バスの「田町」臨時バス停。阪急バスの標柱があった跡に臨時バス停が設置されている。(2014年8月撮影)

takatsuki_k02.jpg 
 阪急水無瀬方面のりば。日本生命高槻ビル前にあった。(2002年8月撮影)

takatsuki_k03.jpg 
 阪急水無瀬方面の標柱。(2002年8月撮影)

takatsuki_k15.jpg 
 2008年5月現在では、標柱の設置跡が残っていた。


takatsuki_tamachi_k05.jpg 
 2010年夏までには歩道自体が再舗装され跡がなくなった。この再舗装でガードレールにより乗降場所が閉鎖された。写真は2014年8月に撮影したもので、もはやバス停がここにあったことを示すものは無くなった。

takatsuki_tamachi_k01.jpg 
 市バス「田町」臨時バス停の東行き標柱は京都銀行の駐車場前に設置される。

takatsuki_tamachi_k02.jpg 
 高槻市バス「田町」臨時バス停の東向きの標柱。

▼ 茨木水無瀬線(旧・京都線の一部)
JR茨木方面~
国道富田明治製菓前芥川高槻市役所前高槻天王町野田国道梶原五領上牧高浜阪急水無瀬~河原町御池方面

2002.8.12 2008.5.4 2014.8.9

関連記事

 廃止停留所(一般路線)