阪急バス路線物語(BLOG ver.)

阪急バス・阪急田園バスが運行する京阪神地区を中心に、「バス停」とその風景を撮り続けています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

2256 京阪淀駅(けいはんよどえき)

2256_20130208_06.jpg 
 京都市伏見区淀本町、京阪電鉄「淀」駅西口にある停留所。2013年12月21日、長岡京淀線の運行開始とともに新設された。なお、阪急バスの路線バスが淀地域に乗り入れたのは、1958年9月10日の京都急行線淀ルート廃止以来、55年ぶりのことだ。
 2014年2月8日には、京阪淀駅ターミナルの仮供用に伴って、現在地に移設されることとなった。ターミナルのバスバースは3ヶ所設置されており、阪急バスが発着するのは3番のりばである。2月の乗り入れ段階では、ターミナルは仮供用だった。3月半ば頃には周辺の道路整備と合わせて整備が完了する見込み。

2256_20131221_12.jpg 
 停留所名称については、長岡京淀線の開業した2013年12月当時、運行会社によって異なっていた。長岡京淀線で共同運行する阪急バス・京阪バスは「京阪淀駅」なのに対して、従来から運行している京阪シティバスと京阪宇治バスは「京阪淀」、京都市バスは「」であった。しばらくして京阪バスグループの公式サイトでは「京阪淀駅(北側)」と表示されるようになった。しかしながら、2014年2月8日に、京阪シティバス・京阪宇治バス・京都市バスもターミナルへ乗り入れおよび停留所の移設に伴って、「京阪淀駅」に停留所名称を変更・統一した。

1番のりば(京阪宇治バス、京阪シティバス)
 久御山町内、近鉄大久保、京阪宇治駅 方面

2256_20130208_09.jpg 
 1番のりばからは久御山町・宇治方面へのバスが発着している。

2256_20140509_10.jpg 
 1番のりばの標柱。

2256_20130208_10.jpg 
 ターミナル乗り入れ初日にはまだ標柱が設置されておらず、仮設看板が設置されていた。


2256_20130208_05.jpg 
 もともとは淀交番前のバス停からの発着が主だった、久御山・宇治方面の路線。昼間時は20分間隔で運行している。

2番のりば(京都市バス)
 免許試験場前、南横大路、中書島、横大路車庫前 方面
2256_20130208_12.jpg 
 京都市バスも淀駅への乗り入れを開始した。もともとは平日・土曜日の通学時間帯にしか駅前に乗り入れてこなかったが、今回の変更を機に全便が乗り入れることになった。

2256_20140509_06.jpg 
 2番のりばの標柱。

2256_20130208_11.jpg 

 2番のりばの仮設看板。

2256_20130208_26.jpg 
 京阪淀駅への乗り入れを開始した、[20]横大路車庫・中書島~京阪淀駅系統。もともと循環運行だったこともあり、京阪淀駅に乗り入れてからも、南横大路経由と免許試験場前経由とを連続運行させる形になった。西日本JRバスに運行を委託している系統のひとつ。

3番のりば(阪急バス、京阪バス、京阪シティバス)
 久貝、阪急西山天王山、東浦、JR長岡京 方面
 横大路、京阪中書島、竹田駅西口、京都駅八条口、JR山崎 方面
2256_20130208_16.jpg 
 もともと駅北側のバス停で発着していた路線は3番のりばに集約された。阪急バス・京阪バスの運行する長岡京淀線(淀長岡京線)[90]系統のここで発着する。

2256_20140509_05.jpg 2256_20140509_04.jpg 
 3番のりばの標柱。

2256_20130208_14.jpg 

 3番のりばの仮設看板。時刻表や路線図は京阪バスが掲示したものが使われている。

>> 移設前の「京阪淀駅」バス停

2256_20131221_18.jpg 
 阪急バスが京阪淀駅前への乗り入れをはじめた段階では、ターミナルはまだ完成されておらず、駅前通りの道路整備も本格化されていなかった。
(2013.12.21撮影)


2256_20131221_10.jpg 
 長岡京方面に向かって撮影。
(2013.12.21撮影)


2256_20131221_22.jpg 
 長岡京淀線[90]系統のバスは、阪急便・京阪便ともに停留所前でぐるっと旋回して、のりば側で乗降扱いを行っていた。場合によっては、京都競馬場のバスターミナルをつかって折り返していたこともあった様子。写真のような光景が見られるのはわずかな期間だった。(2013.12.21撮影)

2256_20131221_13.jpg 
 のりばの標柱。(2013.12.21撮影)

2256_20131221_14.jpg 2256_20131221_15.jpg 
 標柱は、京阪バス・京阪シティバス・京阪宇治バスそして阪急バスの4社が使用することになった。(2013.12.21撮影)

2256_20130208_19.jpg 
 旧バス停廃止当日の様子。バス停には京阪バスによって廃止のお知らせが貼られていた。(2014.2.8撮影)

2256_20131221_21.jpg 
 京阪淀駅バス停で降車扱いを行う、京阪バスの淀長岡京線[90]系統。(2013.12.21撮影)

2256_suntory_01.jpg 2256_suntory_04.jpg 
 2005年初夏から毎年夏季にサントリー京都ビール工場行きのシャトルバスが京阪淀駅から運行される。阪急バスが京阪淀駅に乗り入れるのはこのときからで、運行時には写真のような標柱が設置される
。ちなみに、阪急バスが路線バスとして乗り入れるのは今回の長岡京淀線が初になる。(2006.8.26撮影)

2256_suntory_05.jpg 
 2006年運行時に撮影したもの。(2006.8.26撮影)

2256_suntory_06.jpg 
 2006年運行時に撮影したもの。年によって運行本数は異なる。(2006.8.26撮影)

2256_suntory_07.jpg 
 2006年運行時に撮影したもの。年によって運行期間は異なる。(2006.8.26撮影)

2256_20131221_07.jpg 
 少し駅舎側に行くと、京阪シティバスのおりばがあった。京阪シティバスの場合は、京都競馬場のバスターミナルで折り返していた。(※ 2014年2月8日時点では廃止、標柱撤去)

2256_20131221_06.jpg 
 京阪シティバスのおりば標柱。

>>その他
・「納所町」バス停

2256_20131221_05.jpg 
 旧京阪国道沿いには「納所町」バス停がある。阪急バスが1950年3月~1958年9月まで運行していた京都急行線の淀経由ルートにあった「淀」バス停はこのあたりにあったものと思われる。

2256_20131221_01.jpg 
 京都方面に向かって撮影。

・「京阪淀駅」バス停(2014年2月8日廃止)
2256_20131214_015.jpg 
 京阪淀駅南側には、京阪シティバス・京阪宇治バス「京阪淀駅」バス停が設置されていた。

2256_20131214_009.jpg 
 場所としては、京都市役所淀出張所前付近。駅から少し離れている。

2256_20131214_013.jpg 
 のりばの様子。

2256_20131214_010.jpg 
 宇治方面に路線が出ているようだ。

2256_20131214_011.jpg 
 京都競馬場開催時には京阪淀駅を発着する便は迂回運行になる。

2256_20130208_01.jpg 
 廃止日当日にバス停を見に行ってみると、こんな感じに。

・「京都競馬場」バス停
2256_20140509_03.jpg 
 京都競馬場は京阪バスによってJR山崎と阪急西山天王山から直通臨時バスが運行されている。

2256_20140509_01.jpg 
 のりばの様子。

2256_20140509_02.jpg 

 利用者が多いせいか、改札であらかじめ運賃を精算することになっている。

2006.8.26 2013.12.21 2014.2.8
<補足> 長岡京淀線[90]系統・JR長岡京~京阪淀駅 
IMG_20131221_48.jpg 
 JR長岡京駅・阪急西山天王山駅と京阪淀駅とを結ぶ路線で、京都市・長岡京市などの周辺自治体が、西山天王山駅の開業を機に、渡河交通の充実を図っていたことから運行が実現した。
 JR長岡京~京阪淀間を19~22分で結び、平日で20往復(うち阪急便は12往復)、土日祝で14往復(うち阪急便は7往復)が運行される。運賃は150円~220円で、共通定期券等が発売される。なお、他社便で他社の乗車券を使うことはできない(例:hanicaを京阪バスでは使用不可)

IMG_20131221_37.jpg 
 阪急バス便も京阪バス便も、京阪淀駅~JR長岡京往復という運用になっている。2~3往復したあと、回送して営業所に戻るようだ。

IMG_20131221_016.jpg 
 京阪バス便。京阪バスでは「淀長岡京線」という路線名だそうだ。

IMG_20131221_012.jpg 
 京阪バスが長岡京市域に乗り入れるのは、阪急バスに淀川右岸路線を譲渡して以来、60数年ぶりのこと。

IMG_20131221_27.jpg 
 初日は、試し乗りの一般客が多いせいか、満員の便もあった。

IMG_20131221_41.jpg
 
 京阪淀駅~阪急西山天王山・JR長岡京といった桂川を越えた移動のほか、運行本数が削減された 従来の阪急バス区間(JR長岡京~落合橋)での利用客もコンスタントにあるように見受けられた。

IMG_20131221_42.jpg 
 JR長岡京駅に到着した、阪急バス初発便。

IMG_20131221_35.jpg 
 ちなみに桂川越えのバスは、京阪シティバスによってJR山崎~京阪淀の間に路線があるほか、京都競馬開催時には、JR山崎・阪急水無瀬西山天王山の両駅から京都競馬場(京阪淀駅付近)への路線もある。

>> LED行先表示あれこれ 
IMG_20131221_50.jpg 
IMG_20131221_47.jpg 
IMG_20131221_46.jpg 
IMG_20131221_38.jpg 
IMG_20131221_40.jpg 
IMG_20131221_39.jpg 

>> 方向幕あれこれ
img_20130208_048.jpg 
img_20130208_036.jpg img_20130208_035.jpg 
img_20130208_034.jpg img_20130208_033.jpg  
img_20130208_049.jpg 



<メモ>京阪淀駅~京都ビール工場無料シャトルバス 
2005年(運行開始年?) 
・5月2日(月)~8月31日(水)の平日 
・この年のみ、完全予約制 
・京阪淀発10:05~15:05の間毎時05分発、工場発11:52~16:52の間毎時52分発 

2006年 
・この年から、京都ビール工場→京阪淀駅→京都ビール工場で運行。 
・7月15~8月31日の終日、9月1日~9月30日の土日祝 
・公式サイトに「期間中看板設置予定」との記述→このときに標柱設置? 
・京阪淀発10:00~15:00 工場発10:15~15:15 60分毎 

2007年度 
・5月19日~7月22日、9月1日~9月30日の土日祝と、7月23~8月31日の終日 
・京阪淀発10:00~15:00 60分毎 工場発もあるが時刻表掲載せず 

2008年度 
・7月5日~7月18日の土日祝と、7月19~8月31日の終日 
・京阪淀発10:00~15:00 60分毎 工場発もあるが時刻表掲載せず 

2009/7月4日(土)~8月31日(火)までの期間限定

2010年度 情報未確認

2011年度 情報未確認

2012年度
・8月1日~31日の終日
・所要時間は10分
・京阪淀駅10:05,11:05,13:05,14:05発
・サントリー京都ビール工場11:55,12:55,14:55,15:55発

2013年度
・8月中に運行
・その他、情報未確認 

2014年度
・当年度夏季の運行は無し。長岡京淀線を利用を促す案内を告知。

参考:http://www.suntory.co.jp/factory/kyoto/access/index.html
関連記事

 停留所(一般路線)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。