阪急バス路線物語(BLOG ver.)

阪急バス・阪急田園バスが運行する京阪神地区を中心に、「バス停」とその風景を撮り続けています。

高速長岡京(こうそくながおかきょう)

 長岡京市友岡、京都縦貫自動車道・長岡京ICにある停留所。2013年12月21日、直下にある阪急「西山天王山駅」の開業にあわせて新設された。

上り線 のりば・おりば 信州、関東方面
hw_kousokunagaokakyou_05.jpg 
 上り線では、阪急バスとJRバス便の乗車扱い、丹海バスの降車扱いが行われる。

hw_kousokunagaokakyou_09.jpg 
 のりばの様子。プラットホームから利用客が出ないように柵がつけられており、乗務員がこの柵を開けて、乗降扱いを行うようだ。

hw_kousokunagaokakyou_06.jpg 
 のりばの標柱。

hw_kousokunagaokakyou_08.jpg 
 併用開始当初、阪急バスが乗り入れるのは、諏訪・茅野線、伊那・箕輪線、新宿・渋谷・池袋線、横浜・東京・TDL・千葉線の4路線。

hw_kousokunagaokakyou_12.jpg 
 上下線ともにバス停と駅とはエレベータで直結している。

hw_kousokunagaokakyou_01.jpg 
 3階立てのエレベータ部。1階は西山天王山駅へ、2階は歩道橋へとつながる。

hw_kousokunagaokakyou_16.jpg 
 1階部にはベンチが設置されている。

下り線 のりば・おりば 大阪、丹後方面
hw_kousokunagaokakyou_19.jpg 
 下り線では大阪行きの降車扱いと丹後行きの乗車扱いが行われる。

hw_kousokunagaokakyou_24.jpg 
 下り線バス停の様子。上り線と同じ設計だ。

hw_kousokunagaokakyou_25.jpg 
 下り線の標柱。

hw_kousokunagaokakyou_21.jpg 

 時刻表掲示面はこんな感じ。

hw_kousokunagaokakyou_22.jpg 
 「阪急高速バス おりば」

hw_kousokunagaokakyou_23.jpg 

 丹海バスも丹後方面に1日1往復運行してる。京阪神発は、現地に夕刻・夜に着くので、泊まりでないと利用しにくいか。

hw_kousokunagaokakyou_18.jpg 
 下り線もエレベータで駅に直結する。

hw_kousokunagaokakyou_26.jpg 

 下り線のエレベータ部は、路線バス2番のりば前にある。

hw_kousokunagaokakyou_13.jpg 

 エレベータのほかに階段のあるのだが、緊急時以外は閉鎖。乗り遅れそうなときでもエスカレータを待たないといけない。

hw_kousokunagaokakyou_15.jpg 
 エレベータ内には長岡京市によって緊急通報装置が設置されている。

hw_kousokunagaokakyou_270.jpg 
 「高速長岡京」停留所で乗降扱いを行う場合、一旦料金所を出なければいけない。そのため、高速バス専用の転回場が市によって設置されている。場所は川向井交差点の西側、長岡京IC料金所(西側)の真下にある。

2013.12.21

<補足>「高速長岡京」について
 なんともいっても、阪急西山天王山駅直上にあり、鉄道との接続はバツグン。名神高速の渋滞を避けるためにこの停留所で降りて、大阪に向かうなんてことも可能になった。時間があえば、阪急バス・京阪バスによる長岡京淀線[90]系統を利用して、京阪線に乗り継ぐこともできるし、バスを使ってJR長岡京からJR線に乗ることも可能だ。
 トイレは上り線エレベータの裏手にある。また、駅売店もあり、飲料確保はここでできる。調子八角交差点東側にはコンビニ(ファミリーマート)もあるため、食糧調達などが可能である。

関連記事

 停留所(高速線・京阪神地区)