阪急バス路線物語(BLOG ver.)

阪急バス・阪急田園バスが運行する京阪神地区を中心に、「バス停」とその風景を撮り続けています。

高速三野(こうそくみの)

hw-kousoku_mino_21.jpg 
 香川県三豊市三野町大見、深尾橋下にある臨時停留所。
 この停留所には阪急バス便が停車することはないが、大阪~高松・丸亀・善通寺線の共同運行会社であるJR四国バス便が停車し、阪急バス側でも期間限定で新設する旨が告知されたため、当サイトでも取り扱うこととした。
 この停留所は瀬戸内国際芸術祭秋会期の2013年10月5日~11月4日に、会場のひとつとなる粟島へのアクセス確保のために、JR四国バスが設置した臨時停留所で、大阪・神戸~観音寺線の7往復すべてがこの停留所に臨時停車することとなった。

hw-kousoku_mino_18.jpg
 高松方面に向かって撮影。高松自動車道が開通した時点でバス停留所設備が設けられていたが使用される機会は今までなかった。

hw-kousoku_mino_17.jpg
 大阪方面のりばの様子。待合所やベンチが設置されることはなく、再整備されたといえば出入口の扉くらい。

hw-kousoku_mino_15.jpg
 JR四国バスが設置した「高速三野」の看板。

hw-kousoku_mino_16.jpg 
 扉に設置されている高速三野発の発車時刻表。
 
hw-kousoku_mino_13.jpg 
 上り線の出入口はこんな感じ。

hw-kousoku_mino_08.jpg
 観音寺方面おりばの様子。こちらも出入口が再整備された程度。

hw-kousoku_mino_07.jpg
 出入口の扉に掲示された到着時刻表。

hw-kousoku_mino_09.jpg
 下り線(松山方面)出入口の様子。

hw-kousoku_mino_12.jpg
 香川県r48(善通寺詫間線)・深尾橋西詰に設置された案内看板。
 須田港(粟島航路連絡)への無料マイクロバスはこのあたりで発着するというが、案内看板は一切なかった。

<補足>瀬戸内国際芸術祭
 「瀬戸内国際芸術祭」は瀬戸内海の島々を舞台として開催される国際芸術祭のことで、2010年から3年周期で開催されている。2013年開催では塩飽諸島・粟島が会場の一つとなったことで、三豊市実行委によってアクセス確保がなされた。そのうちの一つが高速三野~須田港(粟島航路)への無料マイクロバス(27人乗り)である。
 JR大阪駅8:20発(高速三野12:33着)と10:40発(同・14:53着)に5分で接続する須田港行きを、復路はJR大阪駅20:03着(高速三野15:50発)と22:33着(18:20発)に10分で接続する須田港発の2往復をそれぞれ運行する。所要時間は30分。
 なお、高速三野でのマイクロバスのりばについては、「三豊市観光協会」公式サイトでは、2013年10月13日午後の更新で、のりば・おりばの場所の記載を変更している(のりばは高速バスおりば横、おりばは高速バスのりば横)。また、接続するマイクロバスについて、「週刊みとよほんまモンRadio!(FM香川)」公式ブログでは、2013年10月4日の記事で、高速三野14:53着からの接続便はない旨が書かれている(同観光協会では訂正なし)。このように公式側で情報が錯綜していることを考えると、接続するマイクロバスを利用する際には、観光協会等に直接問い合わせた方が良いだろう。

2013.10.5 2013.10.26マイクロバスに関する記事修正
関連記事

 廃止停留所(高速線)