阪急バス路線物語(BLOG ver.)

阪急バス・阪急田園バスが運行する京阪神地区を中心に、「バス停」とその風景を撮り続けています。

大山PA(だいせんぱーきんぐ)

hw-daisen_22.jpg 
 鳥取県西伯郡伯耆町久古・岸本、米子自動車道・大山PAにあった停留所。阪急バスの停留所としては、大阪~米子線を開設した1993年3月11日に新設。1998年3月9日に路線休止とともに休止扱いとなり、1999年3月1日に廃止された。
 2011年6月30日に大山高原スマートICが併用開始したことで、下り線(おりば)バス停が北へ移設され、現在に至っている。

>> 上り線(山陽・大阪方面)のりば 
hw-daisen_09.jpg 
 上り線出口側に設置されているのりば。

hw-daisen_06.jpg 
 のりばの標柱。

hw-daisen_07.jpghw-daisen_04.jpg 
 標柱の掲示部はこんな感じ。

hw-daisen_11.jpg 
 もともと「日本交通」「阪急バス」の2社が記載されていた上部円板。今は「日本交通」「京阪バス」の2社となった。

hw-daisen_03.jpg 

 待合室に掲示されている各種時刻表。米子自動車道が通行止の場合には大山PAでの乗降取扱いはできないようだ。

hw-daisen_12.jpg 

 上り線側の高速バス停留所出入口。

>> 下り線(米子・松江方面) おりば
hw-daisen_19.jpg 
 下り線の様子。おりばには標柱が設置されていなかった。

hw-daisen_24.jpg 
 もともとのおりばはこのあたりにあったものと思われる。大山高原スマートICが設置されたことで移設されたのだろう。

hw-daisen_18.jpg 

 下り線バス停への出入口。

hw-daisen_26.jpg 
 上り線には売店と飲食スペースがある。「山陰の旨い」食べ物が味わえる。>> NEXCOによる紹介ページ

hw-daisen_28.jpg 
 阪急バス高速線が大山PAで乗降扱いを行うことはなくなったものの、大阪~松江・出雲線が大山PAで開放休憩を行っている。

>> 伯耆町バス「大山パーキング入口」
hw-daisen_17.jpg 
 伯耆町の路線バスは日ノ丸自動車が国道181号線を南北に縦断する路線のみで、それ以外は伯耆町による町バスのみとなる。

hw-daisen_13.jpg 
 岸本駅方面に向かって撮影。

hw-daisen_14.jpg 
 大山パーキング入口停留所の様子。

img_20130915_19.jpg 
 伯耆町のデマンドバス。配車センターや乗務員の方の話によれば、「バス停」は乗降位置を示すおおまかな目安であり、乗降場所については柔軟に対応しているんだとか。

2013.9.15

関連記事

 廃止停留所(高速線)