阪急バス路線物語(BLOG ver.)

阪急バス・阪急田園バスが運行する京阪神地区を中心に、「バス停」とその風景を撮り続けています。

多久バスセンター(たくばすせんたー)

hw-takubc_01.jpg 
 佐賀県多久市北多久町大字小侍にあった停留所。
 阪急バスの停留所としては、1989年8月10日に開業した大阪~佐賀・唐津線の停留所として新設。同路線は1993年9月1日に休止、1994年9月1日に廃止となった。
 多久バスセンターは多久駅周辺土地区画整理事業の進展で2008年10月1日に廃止。2011年2月1日には多久駅北口への路線バス乗り入れが開始している。

hw-takubc_03.jpg 

 かつては2階建ての商業施設が並んでいたこの通りも再開発ですっきりさっぱり。

hw-takubc_02.jpg 
 郵便局の方に話を伺うと、ちょうど郵便局のあたりにバスセンターがあったのだとか。

hw-takubc_04.jpg 
 バスセンターが閉鎖されてしばらくの間、近郊路線バスは「多久」バス停が設置されていたそうだが、2011年2月に駅北口への乗り入れを開始したことで、バスセンターを偲ぶものはなくなってしまった。

hw-takubc_07.jpg 
 現在の多久駅バス停からバスセンター跡地に向かって撮影。

hw-takubc_06.jpg 
 多久駅北口バス停。
 
hw-takubc_08.jpg 

 JR多久駅。2008年1月に現在地に移転したのだとか。

img_20130815_050.jpg 
 佐賀~多久~唐津間を結ぶ昭和バス。

2013.8.15

関連記事

 廃止停留所(高速線)