阪急バス路線物語(BLOG ver.)

阪急バス・阪急田園バスが運行する京阪神地区を中心に、「バス停」とその風景を撮り続けています。

後藤寺バスセンター(ごとうじばすせんたー)

hw-gotoujibc_07.jpg 
 福岡県田川市宮尾町、後藤寺バスセンターにあった停留所。
 阪急バスの停留所としては、阪急バスの停留所としては、1992年4月1日に、大阪~北九州・福岡線の筑豊系統(大阪梅田~飯塚バスセンター)を後藤寺営業所に路線延伸する形で新設された。1993年8月1日に筑豊系統が荒尾線に統合された際に後藤寺への運行は休止となり、1995年8月1日に廃止となった。
 後藤寺バスセンターは、西鉄が民間不動産業の業者(朝映観光)から建物を賃借し1959年から使用してきたという。コンクリート片が落下するなど、建物の老朽化が目立ったものの、建物の所有者によって抜本的な対策がされることはなく、2016年10月1日にバスセンター機能を廃止して、道路上に「後藤寺」停留所を新設した。


hw-gotoujibc_10.jpg 
 田川後藤寺駅にも直ぐのところにあり、道路沿いには多くの商店が立ち並ぶ。

hw-gotoujibc_04.jpg 
 南側からの様子。

hw-gotoujibc_05.jpg 
 「ターミナル会館」とかかれたバスセンターの建物はまるで時代が止まっているかのようだ。

hw-gotoujibc_11.jpg 
 バスセンター構内の様子。バスのりばは1~9番まで9バースが設けられている。構内の広さから考えて、かつては多くのバス路線が発着していたのだろう。

hw-gotoujibc_22.jpg 
 待合施設も広めになっている。

hw-gotoujibc_28.jpg 
 この日は夏真っ盛り。ほとんどの旅客は冷房設備の整った待合室でバスを待っていた。

hw-gotoujibc_32.jpg 
 1・2番のりばからは福岡行きなどが発着。市内路線よりも、福岡へ向かう特急バスの方が本数は多い。

hw-gotoujibc_12.jpg 
hw-gotoujibc_13.jpg 
 のりばの標示。

hw-gotoujibc_34.jpg 
 3・4番のりば。

hw-gotoujibc_14.jpg 
hw-gotoujibc_15.jpg 
 3・4番のりばの標示。市内路線は本数が少ない。

hw-gotoujibc_35.jpg 
 5・6番のりば。

hw-gotoujibc_16.jpg 
hw-gotoujibc_17.jpg 
 小倉方面などへの路線もあるようだ。

hw-gotoujibc_36.jpg 
 7~9番のりば。

hw-gotoujibc_18.jpg 
hw-gotoujibc_19.jpg 
hw-gotoujibc_20.jpg 
 7・8番のりばは空き、9番のりばは観光バスや会員バス専用のりばに。

hw-gotoujibc_25.jpg 
 1番のりばにあった「ムーンライト号」の案内。うっすらと「飯塚 大阪 毎日運行」という文字がみえる。ムーンライト号が後藤寺へ乗り入れなくなったのは1993年8月。「飯塚」と書かれていることから、おそらくその後に設置されたものなのだろう。ちなみに飯塚への乗り入れ路線は1999年2月に無くなった。

hw-gotoujibc_29.jpg 
 後藤寺バスセンターの案内所と待合所。2015年4月12日18時をもって、有人窓口の営業と自動券売機による乗車券発売を終了し、あわせて待合室も閉鎖されることに。

hw-gotoujibc_02.jpg 
 バスセンター西側に設置されていたコミュニティバスの停留所。

2013.8.14

参考 
「西鉄・後藤寺バスセンター廃止へ」(2016.6.29 YOMIURI ONLINE;http://www.yomiuri.co.jp/kyushu/odekake/railway/20160629-OYS1T50022.html)


<写真>田川後藤寺に乗り入れているバス
img_20130814_204.jpg 
img_20130814_203.jpg 

img_20130814_202.jpg 
img_20130814_192.jpg 
img_20130814_147.jpg 

関連記事

 廃止停留所(高速線)