阪急バス路線物語(BLOG ver.)

阪急バス・阪急田園バスが運行する京阪神地区を中心に、「バス停」とその風景を撮り続けています。

荒尾営業所(あらおえいぎょうしょ)

hw-araoeigyousho_07.jpg 
 熊本県荒尾市大島、旧西鉄バス荒尾営業所前にあった停留所。
 阪急バスの停留所としては、1989年9月21日、大阪~久留米・荒尾線の運行開始とともにで新設された。1993年8月1日に大阪~北九州・福岡線の筑豊系統が休止になった際に、大阪~久留米・荒尾線と統合して大阪~筑豊・荒尾線の停留所として停車扱いを行っていたが、路線自体が1999年2月1日に休止、2000年2月1日に路線廃止となった。
 西鉄バス荒尾営業所(西鉄バス大牟田荒尾支所)は2009年7月1日に閉鎖となり、バス停名が「荒尾」に変わり、その後に市内路線はJR荒尾駅前発着へと変更されていった。

hw-araoeigyousho_09.jpg 
 西方向に向かって撮影。

hw-araoeigyousho_06.jpg 
 閉鎖された西鉄バス大牟田の荒尾支所。かつてはここでバスが発着していた。

hw-araoeigyousho_08.jpg 
 現在は市道上にバス停が設置されている。

hw-araoeigyousho_05.jpg 
 跡地側に設置されたおりば標柱。

hw-araoeigyousho_11.jpg 
 JR荒尾駅。

2013.8.14

hw-araoeigyousho_10.jpg 
 現在の市内路線バスはJR荒尾駅前にあるバスのりばを発着地としている。

hw-araoeigyousho_04.jpg 
 もともと荒尾市内には市営バスが運行されていたが、九州産交バスへの運行に変わった。

hw-araoeigyousho_03.jpg 
 西鉄バス(西鉄バス大牟田)の路線は、隣の福岡県大牟田市への路線のみ。 

hw-araoeigyousho_01.jpg 
 バスのりばは3か所設置されているが、3番のりばは空きに。

img_20130814_272.jpg  
 荒尾駅前で待機中の西鉄バス。



大阪~久留米・荒尾線
 大阪~久留米・荒尾線「ちくご」は1989年9月21日に運行を開始した路線。大阪~荒尾間の719.5㎞を10時間35分で結んでいた夜行高速バスで、西鉄と阪急との共同運行だった。
 1993年8月1日に、大阪~北九州・筑豊線の路線休止に伴い、後藤寺系統を荒尾線に吸収させ、大阪~筑豊・荒尾線となる。1999年2月1日に運行休止となり、2000年2月1日に路線廃止となった。

arao_omote.jpg 

arao_ura.jpg 
関連記事

 廃止停留所(高速線)