阪急バス路線物語(BLOG ver.)

阪急バス・阪急田園バスが運行する京阪神地区を中心に、「バス停」とその風景を撮り続けています。

小月局前(おづききょくまえ)

hw_ozukikyokumae_07.jpg 
 山口県下関市小月駅前1丁目、R491・小月郵便局東にある停留所。
 阪急バスの停留所としては1993年12月26日の改正で新設された(2000年9月1日休止、2001年9月1日廃止)。この頃、大阪~山口・下関線「ふくふく号」は、遅れて1990年8月に開業した「カルスト号」(防長・近鉄)の影響で輸送人員が漸減傾向にあったことから、テコ入れが1993年12月26日に実施された。その策のひとつが当停留所の新設である。下関市小月地区や豊浦郡4町(当時)から停留所新設の要望もあったため、この改正で新設されることとなった。

hw_ozukikyokumae_13.jpg 
 バス停は小月交差点を挟んで、交差点東側に3番(東向き)・4番(西向き)のりば、北側に1番(北向き)・2番(南向き)のりばが設置されている。このうち、「ふくふく号」(現在はサンデン交通単独運行)が発着するのは3番・4番のりばである。


hw_ozukikyokumae_11.jpg 
 3番のりばの標柱。大阪方面行きはここで乗車扱いを行う。

hw_ozukikyokumae_08.jpg 
 ぼろぼろの時刻表掲示面。

hw_ozukikyokumae_09.jpg 
 高速バスの時刻表。

hw_ozukikyokumae_12.jpg 
 4番のりば(西向き)の標柱。大阪からの高速バスの降車場所となる。

hw_ozukikyokumae_01.jpg 
 交差点北側にもバス停があるが、こちらはサンデン交通の路線バスのみ。

hw_ozukikyokumae_05.jpg 
 北に向かって撮影。

hw_ozukikyokumae_02.jpg 
 1番のりば(北向き)の標柱。

hw_ozukikyokumae_04.jpg 
 2番のりば(南向き)の標柱。

img_20130210_074.jpg 
 小月周辺を走るサンデン交通。下関駅・小月局前間は複数の系統が運行されており、土休ダイヤの昼間時でも毎時5~6便程度と高頻度で運行されている。

img_20130210_124.jpg 
 もともとのサンデン交通の車両カラーリングはこんな感じ。

2013.2.10

関連記事

 廃止停留所(高速線)