阪急バス路線物語(BLOG ver.)

阪急バス・阪急田園バスが運行する京阪神地区を中心に、「バス停」とその風景を撮り続けています。

青垣インター(あおがきいんたー)

hw-aogaki_ic_007.jpg 
 兵庫県丹波市青垣町口塩久、北近畿豊岡道・青垣ICにある停留所。全但バスでの停名は「青垣IC(あおがきいんたーちぇんじ)」。阪急観光バスの停留所としては、2009年4月1日の大阪~湯村線の運行開始とともに新設された。
 北近畿豊岡自動車道の氷上・和田山間が部分開通したことにより、2006年7月23日からは湯村大阪線を含む特急バス4路線が一部便を除き北近畿豊岡道経由となったことで、現在地に停留所が新設され、その後、湯村大阪線が全但バス単独運行から阪急観光バスとの共同運行になったことで、阪急観光バスが停車することとなった。

hw-aogaki_ic_011.jpg 
 「青垣インター」バスストップは、青垣IC料金所構外に設置されている。構造上では、兵庫県道7号線側・高速道路側どちらからでも出入できるようになっているが、バスストップから高速道路本線側への経路が閉鎖されており、このバスストップに停車する高速バス(特急バス)は上下線ともに 高速道路本線→「青垣IC」BSで乗降扱い→道の駅あおがきで休憩→高速道路本線に復帰という経路をとっている。


hw-aogaki_ic_003.jpghw-aogaki_ic_012.jpg 
 標柱は全但バスが管理・設置している。

hw-aogaki_ic_004.jpg 
 ここからは湯村・城崎方面、大阪・神戸方面どちらへも利用できるようだ。

hw-aogaki_ic_001.jpg 
 バスストップの出入口付近の様子。

hw-aogaki_ic_009.jpg 
 バスストップから旧青垣町市街方面を望む。

hw-aogaki_ic_010.jpg 
 県道側からのアクセスは少し分かりにくい。インターチェンジ出入路の南側にある小さい道を通っていくことになる。

2012.12.15

<補足>「青垣インター」バスストップについて
◆アクセス
 JR柏原駅より神姫グリーンバス柏原~石生(いそ)駅前~佐治・青垣住民センター線
 「上芦田」停留所 下車、北へ0.8km。旧青垣町市街から南東へ1.5km。

 「道の駅あおがき」の北側にある停留所。旧青垣町市街とは1.5kmほど離れている。JR鉄道線との連絡は路線バスしか無く、かなり離れている。


>> 神姫グリーンバス「上芦田」停留所 
hw-aogaki_ic_020.jpg 
 佐治方面に向かって撮影。

hw-aogaki_ic_026.jpg 
 柏原方面に向かって撮影。

hw-aogaki_ic_022.jpg hw-aogaki_ic_023.jpg 
 上芦田バス停の標柱。

IMG_20121215_036.jpg 
 柏原と旧青垣町佐治間を結ぶ、神姫グリーンバス。かつては三ノ宮からの直通バスもあったという。

>> 「道の駅あおがき」乗継専用停留所
hw-aogaki_ic_027.jpg 
 兵庫県丹波市青垣町西芦田、道の駅あおがき駐車場内にある停留所。全但バスでは浜坂・湯村~大阪・神戸線と城崎~大阪・神戸線との相互乗継地点を「和田山営業所」としていたが、2012年12月1日に一部便が同所を経由しない運行経路(八鹿氷ノ山IC経由の短絡化)に変更したため、従来から休憩場所としていた「道の駅あおがき」を乗継専用停留所として新設することとした。

hw-aogaki_ic_032.jpg 
 特急バスは駐車場内で休憩することになる。バス停は右側のモニュメント下に設置されている。

hw-aogaki_ic_029.jpg 
 乗継専用停留所の標柱。ベンチも設置されている。

hw-aogaki_ic_030.jpg 
 乗継専用停留所のため、ここからの乗降はできない。

hw-aogaki_ic_033.jpg 
 道の駅あおがき。大阪~但馬間の特急バスの休憩地点となる。
関連記事

 停留所(高速線・地方編)