阪急バス路線物語(BLOG ver.)

阪急バス・阪急田園バスが運行する京阪神地区を中心に、「バス停」とその風景を撮り続けています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

阿波池田バスターミナル(あわいけだばすたーみなる)

hw-awaikedabt_18.jpg 
 徳島県三好市池田町サラダ、四国交通・阿波池田バスターミナルにある停留所。2006年4月1日に現在のバスターミナルが併用開始となり、乗り入れを開始した。
 もともとはJT(日本たばこ産業)・池田工場があったが、2003年3月末で閉鎖となり、都市再整備計画の一環としてバスターミナルが整備されることとなった。

hw-awaikedabt_16.jpg 
 バスターミナルには、発着バースが3箇所あり、路線バス・高速バスは2バースを利用する。

hw-awaikedabt_12.jpg 
 もともとは四国交通の路線バス「栄町」停留所が設置されていた。

hw-awaikedabt_11.jpg 
 バスターミナル入口側を撮影したもの。

hw-awaikedabt_32.jpg 
 阿波池田バスターミナルで乗車扱いを行う、阪急高速バス・大阪梅田行き。

>> 1番のりば
高速バス
 (四国交通、阪急バス) 大阪(阪急梅田)方面
 (四国交通、山陽バス、神姫バス) 神戸(三ノ宮)方面
路線バス(四国交通)
 祖谷線:出合・かずら橋・久保、新宮線:大野・新宮、漆川線:漆川八幡
 白地線:白地、野呂内線:箸蔵リフト・野呂内口
 猪ノ鼻線:箸蔵リフト、井内谷線:馬場、西谷線:西谷橋、本社線:四交本社前

hw-awaikedabt_33.jpg  
 1番のりばでは、四国交通系の路線バスと高速バスが発着する。

hw-awaikedabt_04.jpg hw-awaikedabt_03.jpg 
 1番のりばの標柱。


hw-awaikedabt_29.jpg 
 高速バスの時刻表。

>> 2番のりば(タクシーバース)
hw-awaikedabt_05.jpg 
 2番のりばは計画段階ではタクシーのりばとして設定されていた。

>> 3番のりば
 (東みよし町営バス)加茂方面、(三好市営バス)佐野・三野 各方面

hw-awaikedabt_15.jpg 
 3番のりばからは東みよし町営バス、三好市営バスが発着する。


hw-awaikedabt_07.jpghw-awaikedabt_08.jpg 

 3番のりばの標柱。

hw-awaikedabt_31.jpg  
 バスターミナルには四国交通の窓口が併設されている。

hw-awaikedabt_24.jpg 
 待合室と窓口が整備されている案内所。


hw-awaikedabt_25.jpg  
 池田バスターミナル発便の時刻表と運賃表。

hw-awaikedabt_23.jpg 
 高速バスの時刻表も掲示されている。

hw-awaikedabt_21.jpg 
 バスターミナルには複合商業施設「フレスポ阿波池田」が併設されている。

>> 「池田駅前」停留所 

hw-awa_ikedaekimae_02.jpg 
 徳島県三好市池田町サラダにある停留所。大阪~阿波池田線の停留所としては、2000年12月14日の運行開始によって新設されたが、前途の阿波池田バスターミナル新設に伴い、2006年4月1日に廃止された。
 現在も四国交通の路線バスが乗り入れている。バスターミナル新設前は、高速バス及び東方面からの路線バスは、栄町(現在のバスターミナル)→池田駅前着・発→本町という循環ルートを取っていたが、バスターミナル併用開始後は、本社線と高速バスはバスターミナル折り返しとなり池田駅前は経由せず、西方面の他路線は、本町~池田駅前~バスターミナル発着折り返しとなった。同様に、西方面からの路線バスも、大通り→
栄町(現在のバスターミナル)→池田駅前着・発→大通りという循環ルートから、大通り~池田駅前~バスターミナル発着折り返しに運行経路が変更されている。

hw-awa_ikedaekimae_17.jpg 
 バスターミナル方面に向かって撮影。

hw-awa_ikedaekimae_03.jpg 
 旧四国交通窓口前にあるバス停。

hw-awa_ikedaekimae_05.jpghw-awa_ikedaekimae_08.jpg 
 左は三好市営バス、右は四国交通の標柱。バス停は本町・大通り方面のみに設置されており、標柱がないバスターミナル・本社前方面へは降車専用となる。

hw-awa_ikedaekimae_16.jpg 
 JR阿波池田駅。

hw-awa_ikedaekimae_11.jpghw-awa_ikedaekimae_10.jpg 
 阿波池田駅の駅舎前にあるバス停は、祖谷への定期観光バスが発着する。

2012.11.10 <補足> 「阿波池田バスターミナル」について
◆アクセス:四国交通「阿波池田バスターミナル」下車、JR阿波池田駅より東へ徒歩数分
 JR阿波池田駅から東へ徒歩数分のところになり、市近郊へバス路線を利用するアクセス拠点となる。バスターミナルにはショッピングセンターが併設されており、高速バス発着時間帯でも営業している店舗もある。バスターミナル自体には、自販機や公衆トイレが併設されている。

IMG_20121110_76.jpg 
 四国交通は徳島県西部の三好郡を中心に路線をもつ。特に、祖谷(いや)地区にある小歩危・大歩危の峡谷や かずら橋といった観光地への重要な足となる。阿波池田を発着地として定期観光バスも運行しており、大阪方面からの高速バスを利用して旅程を組めば、日帰りで観光もできる。

IMG_20121110_45.jpg   
 小歩危・大歩危峡。大歩危峡では舟下りも体験できる。阿波池田バスターミナルから[祖谷線]大歩危経由久保行き利用。もしくはJR大歩危駅より徒歩。

IMG_20121110_79.jpg 
 阿波池田から大歩危峡を経由してかずら橋方面に向かうバスは1日4往復のみ。阿波池田・かずら橋間は出合経由もあるが1日3往復のみと少ない。

IMG_20121110_51.jpg 
 大歩危・かずら橋間では観光期にはシャトルバスを運行しているようだ。

IMG_20121110_69.jpg 
 東みよし町方面へは町営バスが運行されている。

その他、四国交通の路線バス ↓↓
IMG_20121110_75.jpg IMG_20121110_73.jpg IMG_20121110_71.jpg IMG_20121110_70.jpg   

<補足>大阪~阿波池田線

IMG_20121110_24.jpg  IMG_20121110_25.jpg 
 2000年12月14日に、四国交通との共同運行により運行を開始した路線。1日6往復のうち阪急バスは3往復を担当する。大阪~阿波池田間・井川を約220km、3時間50分弱で結んでいる。
 運行開始当初は阪急バス1往復と四国交通2往復で運行していた。2002年7月22日には、鳴門IC~藍住IC間を高松自動車道・県道徳島引田線に乗せ替えたことで「板野」停(徳島バス「東徳島病院前」停と同じ位置)を新設するとともに、「工業団地前」停を廃止した。このときに阪急バス便が増便し2往復に、合計5往復での運行となる。2003年6月20日には、板野IC~藍住IC間の運行経路変更により「板野」停を移設。このときに、阪急バス便がさらに1往復増便して合計6往復体制となった。2005年7月1日、学割運賃を設定した。2006年4月1日、阿波池田バスターミナルに乗り入れを開始するとともに、「池田駅前」停留所を廃止した。 2013年4月1日、四国交通便1往復のダイヤ修正のほか、大阪梅田行きを新大阪まで延伸した(大阪発は現状どおり)。2015年7月1日、四国交通便に限り、1往復が「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」への停車を開始したとともに、阿波池田行きの2便が「新大阪」への乗車扱いを開始した。
関連記事

 停留所(高速線・地方編)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。