阪急バス路線物語(BLOG ver.)

阪急バス・阪急田園バスが運行する京阪神地区を中心に、「バス停」とその風景を撮り続けています。

三次車庫(みよししゃこ)

hw-miyoshi_shako_02.jpg  
 広島県三次市粟屋町、中国バス三次車庫にある停留所。
 「
巴橋」停留所と同様に、阪急バスでは大阪梅田~中国新見~三次間を運行するのに対して、三次側の共同運行会社である中国バスでは新大阪~三次・巴橋・三次車庫間を運行している。もともと、1984年5月1日に阪急バスが中国新見・三次間を延伸した際に、広島側の中国バスが三次太才町~新大阪で運行を開始した(広島電鉄も千代田~新大阪間で運行開始)。
 1991年春に、三次車庫が太才町から粟屋町に移転したことに伴って、1991年7月25日のダイヤ改正で三次太才町発着から現在の三次車庫発着に変更して現在に至る。
 以上より、この「三次車庫」停留所は阪急バス便が停車しないものの、阪急バス公式サイトをはじめ、阪急バスが発行する各種時刻表等に掲載されている停留所であるため、当Blogでも取り扱うこととする。

hw-miyoshi_shako_01.jpg 
 JR三江線方面に向かって撮影。

hw-miyoshi_shako_04.jpg 
 のりばの様子。ベンチの隣にある建物は中国バス事務所。待合室は設置されていない。

hw-miyoshi_shako_05.jpg 
 新大阪行きの時刻表。

hw-miyoshi_shako_03.jpg 
 利用者用の駐車場。

2012.10.20

アクセス:JR三江線・粟屋駅から1.4km。
 車庫前には丸大食品の工場、周辺には下荒瀬の集落があるのみ。JR三江線以外に交通手段はない。

 
◆三次太才町(みよしださいちょう)

hw-miyoshi_dasai_01.jpg 
 1984年5月1日の運行開始から1991年7月末まで中国バス便の起点だった「三次太才町」停留所。

hw-miyoshi_dasai_08.jpg 
 君田町方面に向かって撮影。

hw-miyoshi_dasai_07.jpg 
 尾関公園、君田方面の標柱。

hw-miyoshi_dasai_15.jpg 
 三次方面の標柱。左から備北交通、中国バス、旧JRバスのもの。後ろにある建物が旧三次車庫だったそうだ。

関連記事

 停留所(高速線・地方編)