阪急バス路線物語(BLOG ver.)

阪急バス・阪急田園バスが運行する京阪神地区を中心に、「バス停」とその風景を撮り続けています。

北房呰部(ほくぼうあざえ)

hw-hokubou_azae_13.jpg 
 岡山県真庭市(旧上房郡北房町)下呰部、中国自動車道・呰部バスストップにある停留所。1981年7月20日に大阪~中国新見線が運行開始したことに伴って新設された。
 2017年4月1日には、日ノ丸自動車の広島~鳥取線もこの停留所への停車を開始した。

hw-hokubou_azae_21.jpg 
 大阪方面のりば。

hw-hokubou_azae_22.jpg 
 大阪方面には待合所が設置されている。

hw-hokubou_azae_16.jpg 
 待合室に掲示されている時刻表と運賃表。

hw-hokubou_azae_17.jpg 
 大阪方面の標柱。阪急バスの標柱が京阪神圏外でも見られる地域はごくわずかだ。

hw-hokubou_azae_18.jpg hw-hokubou_azae_20.jpg 
 標柱の停名表示板と時刻表掲示面。

hw-hokubou_azae_19.jpg 
 塗装の退色具合をみると、普通の標柱とは塗装方法が違うようだ。


hw-hokubou_azae_15.jpg 
 大阪方面のりばへの出入口の様子。

hw-hokubou_azae_23.jpg 
 高速バス利用者用駐車場(後述)から中国道に架かる橋を越えると写真のような分岐に出る。左にすすむとバス停に辿り着く。


hw-hokubou_azae_14.jpg 

 上の分岐点には一応こんな掲示もあるが・・・。

hw-hokubou_azae_10.jpg 
 新見・三次方面おりばの様子。


hw-hokubou_azae_07.jpg 
 こちらには待合所は設置されておらず、標柱のみに。

hw-hokubou_azae_08.jpg hw-hokubou_azae_06.jpg 
 標柱の停名表示板と時刻表掲示面。


hw-hokubou_azae_04.jpg 
 おりば側の出入口の様子。


hw-hokubou_azae_03.jpg 
 おりば側には高速バス利用者用駐車場が併設されている。

hw-hokubou_azae_02.jpg 
 運行開始当初からあると思われる案内表示板。

hw-hokubou_azae_24.jpg 
 バスストップを下った最初の丁字路にも案内看板がある。

hw-hokubou_azae_25.jpg 
 「阪急ハイウェイバス」と書かれた案内看板。阪急バスにとっては初めての高速路線、路線開設当初の意気込みは特別なものだったのだろう。

2012.9.9

<補足>「北房呰部」停留所について
◆備北バス「呰部」下車、徒歩1km。備北バス・真庭市営バス(まにわくん)「至道高校前」「至道高校」下車、徒歩0.7km。
 旧北房町役場庁舎から北へ徒歩1kmのところにあるバスストップ。旧北房町へはJR伯備線・備中高梁駅から備北バスを利用するルートがあるが、関西からであれば高速バスを利用した方が便利なせいか、コンスタントに乗降客がいる停留所のひとつ。
 旧北房町の中心部にあり、飲食物の確保は県立至道高校跡地前にあるAコープで可能。バスストップに公衆トイレ等は併設されていないので注意。

 

関連記事

 停留所(高速線・地方編)