阪急バス路線物語(BLOG ver.)

阪急バス・阪急田園バスが運行する京阪神地区を中心に、「バス停」とその風景を撮り続けています。

落合インター(おちあいいんたー)

hw-ochiai_ic_10.jpg 
 岡山県真庭市下市瀬、中国自動車道・落合インターチェンジにある停留所。阪急バスの停留所としては、1981年7月20日に大阪~中国新見線の運行開始に伴って新設された。1986年7月1日には大阪~湯原温泉線の運行開始により、国道313号線の路線バス「下市瀬落合インター」停留所にものりばを設置していた(~2008年12月21日路線廃止)。

料金所構外のりば
 (高速バス) 大阪~中国新見・三次線、倉敷・岡山~新宿線

hw-ochiai_ic_12.jpg 
 大阪~新見・三次線では料金所構外のバスストップで乗降扱いを行う。2010年10月15日からは岡山・東京間の高速バス(ルミナス号)の停車が開始された。また、大阪~湯原温泉線でも中鉄バスの米子道経由蒜山系統がここで乗降扱いを行っていた。
 

hw-ochiai_ic_13.jpg 
 バスストップの待合所は一般的な造りになっている。

hw-ochiai_ic_14.jpg 
 停留所名の表示板。「阪急」の文字はない。

hw-ochiai_ic_17.jpg 
 2012年夏現在の落合インター停留所の時刻表。


hw-ochiai_ic_15.jpg 
 国道上のりばへの地図も掲示されていた。
 
国道313号線上「落合インター」停留所 
 中鉄北部バス、旭川さくらバス、真庭市コミュニティバス(まにわくん)
 久世駅前・勝山、真庭市役所前、落合駅、八幡温泉郷、岡山、呰部 方面
hw-ochiai_ic_09.jpg 
 大阪~湯原温泉線(中鉄バスの米子道経由蒜山系統を除く)では、国道上のバス停で乗車扱いを行っていた(降車扱い場所については調査中)。当時の標柱は残っていない。

hw-ochiai_ic_07.jpg 
 久世方面に向かって撮影。

hw-ochiai_ic_08.jpg 
 久世方面の標柱。手前は中鉄北部バス、奥が旭川さくらバスのもの。

hw-ochiai_ic_06.jpg  
 落合方面の標柱。

map_ochiai_ic.gif 
2012.9.9

<補足>「落合インター」停留所について
◆アクセス:中鉄北部バス・真庭市コミュニティバス(まにわくん)・旭川さくらバス「落合インター」下車すぐ。JR美作落合駅から徒歩2km弱、真庭市役所落合庁舎から徒歩1km。
 中国道・落合ICの料金所構外に設置されている停留所。バスストップは落合町市街からも久世町市街からも離れており、徒歩圏内にコンビニはない。真庭市内の路線バスは中鉄バス系列が運行していたが、現在は廃止されており、代替のコミュニティバスも本数が少なく不便。落合の中心市街へは2012年4月に新設された「
落合サンプラザ前」を利用した方が便利だ。
関連記事

 停留所(高速線・地方編)