阪急バス路線物語(BLOG ver.)

阪急バス・阪急田園バスが運行する京阪神地区を中心に、「バス停」とその風景を撮り続けています。

久世駅前(くせえきまえ)

hw-kuseekimae_01.jpg  
 岡山県真庭市久世、R181(出雲街道)・久世駅前交差点東にあった停留所。阪急バスの停留所としては、1986年7月1日の大阪~湯原温泉線の運行開始とともに新設されたが、2008年12月21日の路線廃止に伴いこの停留所も廃止になった。

hw-kuseekimae_06.jpg 
 勝山・湯原方面に向かって撮影。

hw-kuseekimae_07.jpg  
 「駅前バスのりば」と掲げられた廃屋。

hw-kuseekimae_09.jpg 

 廃屋には「中鉄バスのりば」の文字が見えた。

hw-kuseekimae_08.jpg 
 かつてはここから多くの路線バスが出ていたことが偲ばれる文字。現在は岡山・勝山を結ぶ中鉄バスのみに。 

hw-kuseekimae_12.jpg hw-kuseekimae_13.jpg  
 湯原温泉方面の標柱。阪急バス・中鉄バス共用だったが、路線廃止により上部円板が撤去され、そのまま現地の路線バス標柱として流用されている。アルナ製の標柱がここまで荒れ果てるとは、管理の杜撰さがうかがえる。


hw-kuseekimae_10.jpg 
 路線廃止後も「高速 湯原温泉行き」の表示が残る。

hw-kuseekimae_11.jpg  
 廃止直線の湯原線の到着時刻はこの掲示とは異なっており、おそらく運行開始当初のものがそのまま掲示されていると思われる。


hw-kuseekimae_04.jpg hw-kuseekimae_03.jpg  
 大阪方面の標柱。こちらもすっかり朽ちてしまっている。

hw-kuseekimae_17.jpg 
 バス停北側にあるJR久世駅。

hw-kuseekimae_18.jpg  
 発着本数が少ないJR姫新線の久世駅。

hw-kuseekimae_21.jpg 
 真庭市内の民営路線バスは全廃され、自治体バスが残るのみに。

hw-kuseekimae_23.jpg  
 運行本数の少ないJR姫新線。

2012.9.9

関連記事

 廃止停留所(高速線)