阪急バス路線物語(BLOG ver.)

阪急バス・阪急田園バスが運行する京阪神地区を中心に、「バス停」とその風景を撮り続けています。

峰山案内所(みねやまあんないじょ)

hw-mineyama_office_00.jpg  
 京都府京丹後市峰山町杉谷、丹海バス峰山案内所にある停留所。阪急バスの停留所としては、2012年9月15日に大阪~天橋立・宮津線が京丹後市峰山まで延伸されたことにより新設された。

hw-mineyama_office_02.jpg 
 峰山駅・大宮方面に向かって撮影。大阪行きの高速バスは、駅前の交差点を右折し京丹後市役所前をUターンしてから峰山駅に向かうという運行経路をとっている。

hw-mineyama_office_20.jpg  
 延伸初日、始発の峰山案内所で乗車扱いを行う、阪急高速バスの大阪梅田行き。

hw-mineyama_office_12.jpg 
 待合所は簡素なつくりで、事務所窓口が併設されている。ここで高速バスの乗車券を購入できる。

hw-mineyama_office_05.jpg hw-mineyama_office_04.jpg 
 峰山案内所の標柱。もともとは丹海バスの運行する間人・京都間の快速バスの標柱として使用されてきたもので、大阪線の延伸に伴い、丹海バスと阪急バスとの共用標柱になった。

hw-mineyama_office_06.jpg 

 「丹海バス」表記から「丹海バス 阪急バス」の連名表記に変わった標柱。

hw-mineyama_office_14.jpg 
 阪急バス便はスタフ上では折返乗務になっており、この峰山案内所で3時間弱程度、車両を留置する。丹海バスにより特別に留置スペースが確保されることになり、路面にも「阪急バス」の文字が。

hw-mineyama_office_17.jpg 
 復路まで時間を峰山案内所で過ごす阪急バス。

2012.9.15

<補足>「峰山案内所」について
◆アクセス:KTR峰山駅より北へ徒歩200m、丹海バス「峰山案内所」下車スグ。
 丹海バス峰山案内所に併設されている停留所。今回新設された「峰山駅」停留所とは近接している。案内所南東にはスーパーマーケット(にしがき)があり、ここで飲食物の確保が可能だ。高速バス利用者用駐車場も設置されており、パークアンドライド利用も可能だ。

<補足>大阪~宮津・峰山線について(路線名は発券した乗車券より)
 従来の運行経路では、舞鶴若狭自動車道を福知山インターで降り、国道9号を経て福知山駅前へ、国道176号線を北上し、雲原・加悦・野田川・須津・天橋立と経て宮津まで至るルートを取ってたが、京丹後方面~大阪の利用者のアクセス改善や京都縦貫道の延伸などを起因に、一気に宮津天橋立インターまで進み、宮津・天橋立・野田川・大宮・峰山と至るルートに変更することになった。
 この経路変更により、大阪~宮津間が157km・3時間15分かかっていたものから、大阪~峰山間で171km・3時間32分となり、大阪~宮津・天橋立間では所要時間が短縮された(ただし、既存区間では運賃が若干値上がりしている)
 一方の丹海バスでは、この改正で柴原駅を廃止して、直接に大阪伊丹空港を経て大阪市内へと至るルートに変更。渋滞の著しい中央環状線や新御堂筋線を避けて阪神高速を直行することとなった。
 なお、丹海バスでは、2005年11月16日の京都~間人間快速バスのダイヤ改正より、間人~野田川間と野田川~大阪間とで高速バスを乗り換えるときには乗継運賃制度を適用するようにしていた。しかしながら、今改正でダイヤ上乗継が不可能になったことから乗継制度は廃止された。
 2014年4月1日からは3往復すべての便が丹海バスの運行となり、阪急バス便による運行は行われていない模様。

img_20120915_85.jpg 
 丹海バスの大阪梅田発 天橋立・京丹後行き。

img_20120915_97.jpg 
 阪急バスでも行先案内板に「京丹後」の文字が。LED行先表示では「天橋立・京丹後」と表示されることに。

関連記事

 停留所(高速線・地方編)