阪急バス路線物語(BLOG ver.)

阪急バス・阪急田園バスが運行する京阪神地区を中心に、「バス停」とその風景を撮り続けています。

長崎駅前(ながさきえきまえ)

※ 当停留所は、2013年6月1日に大阪~長崎線の廃止に伴って廃止されました。 
hw-nagasakiekimae_38.jpg 
 長崎県長崎市大黒町、長崎県交通産業会館1階・交通会館県営バスターミナルにある停留所。阪急バスの停留所としては、1989年3月20日の大阪~長崎線運行開始とともに新設された。

hw-nagasakiekimae_41.jpg 
 長崎県交通産業会館は7階建てのビルで、1階部分がバスセンターになっている。

hw-nagasakiekimae_37.jpg 
 北側から長崎駅前に向かって撮影。道路中央には路面電車が走る。

hw-nagasakiekimae_31.jpg 
 バスターミナル進入口付近の様子。タクシーのりばもある。

hw-nagasakiekimae_30.jpg 
 バスターミナル出口側の様子。

hw-nagasakiekimae_51.jpg 

 夜、バスターミナルで発車を待つ阪急観光バス「ロマン長崎号」。

hw-nagasakiekimae_04.jpg 
 バスターミナルでは昭和レトロ漂う古ぼけた印象が真っ先に目に焼きつく。

hw-nagasakiekimae_05.jpg 
 入口すぐにあるのは市内線の長崎県営バス案内窓口。

hw-nagasakiekimae_06.jpg 
 バスターミナル1階部分はこんな感じになっている。ホームは第1と第2のふたつがあり、地下連絡道によって通じている。このバスターミナルに乗り入れる高速バスは、行き先に応じて第1・第2ホームで乗車扱いを、降車扱いはもっぱら第2ホームで行ってるようだ。

<第1ホーム>

hw-nagasakiekimae_25.jpg 
 第1ホームでは2~6番のりばが設置されている。

2番のりば 佐世保方面
hw-nagasakiekimae_26.jpg 
 2番のりば横には高速バス窓口がある。

3番のりば 神戸三宮・大阪(阪急梅田)、宮崎、ハウステンボス 方面

hw-nagasakiekimae_20.jpg 
 大阪梅田方面行きは3番のりばから発車する。

hw-nagasakiekimae_48.jpg 

 「大阪・神戸」の文字が見える3番のりばの案内表示。

4番のりば 長崎空港

hw-nagasakiekimae_22.jpg 
 4番のりばからは長崎空港行きのリムジンバスが出ている。

5番のりば 熊本駅前 

hw-nagasakiekimae_23.jpg 
 5番のりばでは九州島内を南下して熊本方面へのバスが出ている。

6番のりば 大分・別府方面
hw-nagasakiekimae_24.jpg 
 6番のりばからは九州を横断して大分方面へのバスが出ている。


<第2ホーム>

hw-nagasakiekimae_11.jpg 
 連絡通路をくぐって第2ホームからは福岡行きのバスが出ている。第2ホームでは8番~11番のりばがあるが、もっぱら使用されるのは11番のりばのみ。

8番のりば 空き

hw-nagasakiekimae_12.jpg 

9番のりば 空き

hw-nagasakiekimae_13.jpg 

10番のりば 空き

hw-nagasakiekimae_16.jpg 

11番のりば 福岡(博多・天神)

hw-nagasakiekimae_17.jpg 
 運行系統に応じて乗車列が異なる11番のりば。

hw-nagasakiekimae_19.jpg 
 第1ホームと第2ホームとを結ぶ地下連絡道。コインロッカーがある。

2012.8.15

<補足>「長崎駅前」について
hw-nagasakiekimae_42.jpg 
 阪急観光バス・長崎県営バスが運行する大阪~長崎線「ロマン長崎号」は、長崎駅前「長崎県交通産業会館」1階を発着としている。長崎駅や長崎駅前電停からはビルが目の前に見えており、アクセスしやすい。ビルには、お土産屋(
長崎県物産振興協会)が2階に、高速バス発券所(ただし早朝深夜帯の営業はない)・各種売店が1階に設置されている。このほか、周囲にはコンビニなどが複数あるため、バス待ちには困らない。
 なお、同じ大阪~長崎の高速バスでも、近鉄バス・長崎バス「オランダ号」は、築町電停近く「長崎新地ターミナル」を発着としており、長崎駅前では「長崎駅前南口」を発着としており、バス停の位置がまったく異なっているので注意。

img_20120815_068.jpg 

 長崎市内の観光へは市内路面電車を活用するとよい。一日乗車券が各ホテルや観光窓口などで発売されており、これを利用すると便利。

img_20120815_094.jpg 
 赤いカラーリングが目立つ長崎県営バス。

img_20120815_086.jpg 
 長崎から諫早方面への都市間中距離バスではカラーリングが高速バスと同じく青基調に。

img_20120815_078.jpg 
 長崎では、民営の長崎バスもある。

img_20120815_087.jpg   
 銀色でなく白色の塗装がなされている長崎バス。


<補足>大阪・神戸~長崎線「ロマン長崎号」
bus_nagasaki.jpg 
 1989年3月20日に長崎県交通局(長崎県営バス)と阪急バスによる共同運行として開設。1日1往復で、阪急観光バスは隔日運行となる。1990年1月26日、長崎道に乗せ換えとなり、「大村(桜馬場)」を廃止するとともに「大村インター」を新設した。その後、1993年・1994年・1997年の三度に渡り、経路変更が実施された。1999年2月1日には千里中央、2000年12月20日(~2010年7月1日廃止)には淡河を新設した。2003年2月1日大阪発便により阪急バスの運行が阪急観光バスに移管されている。2011年10月1日には、「神戸三宮(ミント神戸)」を新設し、一部経路を変更したことで「西宮名塩」「西宮北インター」をそれぞれ廃止した。
 2013年6月1日、阪急観光バス・長崎県交通局ともに路線廃止されることとなった。阪急観光バスにとっては、鹿児島線(2012年10月1日より休止)とともに廃止したことで、大阪~九州間を結ぶ阪急高速バスは北九州・福岡線のみとなった。

bus_nagasaki2.jpg 
 共同運行の長崎県交通局は長崎市・大村市・諫早市に路線をもつ公営企業。都道府県単位でバス事業をしているのは、この長崎県と東京都くらい。
関連記事

 廃止停留所(高速線)