阪急バス路線物語(BLOG ver.)

阪急バス・阪急田園バスが運行する京阪神地区を中心に、「バス停」とその風景を撮り続けています。

武生(たけふ)

hw-takefu_46.jpg 
 福井県越前市庄町、北陸自動車道・武生IC料金所構内にある停留所。阪急バスの停留所としては2007年12月22日の大阪~福井線運行開始とともに新設された。停名は時刻表やパンフレットには「武生インター」と表記されているが、これは旅客案内のためのものであり、正式停名は「武生」である(共同運行会社の福井鉄道や京福バスも同様)。

hw-takefu_47.jpg 
 一般道側にもロータリーが設置されており、高速バス利用者用の駐車場が併設されている。

hw-takefu_45.jpg 
 武生バスストップのりばの様子。かつては福井鉄道の路線バスがこのバスストップで名古屋方面の高速バスとの接続便を運行していたことがあったとか。

hw-takefu_44.jpg 
 武生バスストップの標柱。

hw-takefu_43.jpg 
 時刻表掲示面の様子。

hw-takefu_37.jpg 
 バスストップから一般道に出れる経路の案内板は現地には皆無。駐車場中央部後方にわずかながら坑道口があり、そこから一般道に出られる。

hw-takefu_36.jpg 
 県道40号線庄町交差点側の坑道口。こちら側も現地に案内板がないから分かりにくい。

 
20120624_289.jpg 
 「武生」停留所をアナウンスする車内表示。

 2012.6.24
<補足>「武生」バスストップについて
◆アクセス:JR武生駅・福井鉄道越前武生駅より福井鉄道バス南越線で「塚原口」下車(越前武生駅から運賃270円)、南へ1km。JR武生駅・福井鉄道越前武生駅より東へ4km弱。
 武生駅・越前武生駅からはJR北陸本線と日野川を越える以外、道は平坦だが、やはり4kmという距離を徒歩移動するのは辛い。インター北側にある「塚原口」バス停をうまく使えるかどうかが乗継の鍵だろうか。タクシーの利用も要検討。


hw-takefu_35.jpg 
 福井鉄道バス「塚原口」停留所。武生市街に向かって撮影。

hw-takefu_30.jpg 
 今立方面に向かって撮影。

hw-takefu_31.jpg hw-takefu_33.jpg 
 塚原口バス停の標柱。左は和紙の里方面、右は武生市街方面の標柱。上下便ともに本数は少ない。



hw-takefu_52.jpg 
 特急列車なども停車するJR武生駅。駅前には商業施設アルプラザがある。

hw-takefu_10.jpg 


 福井鉄道福武線の越前武生駅。ここ数年で武生新駅から改称している。


20120624_175.jpg 
 武生から鯖江を経て福井に向かう福井鉄道福武線。この越前武生駅や西鯖江駅をはじめ、一部駅では利用者向けに無料でレンタサイクルを実施しており、鉄道線近傍を観光するのであれば、路線バスを利用するよりもこちらの方が楽。今回の訪問でも、レンタサイクルを借りることにした。


hw-takefu_50.jpg 
 「塚原口」バス停に停車する福鉄バス南越線。


hw-takefu_20.jpg 
 福井鉄道の路線バス部門(福鉄バス)。愛知の名鉄グループに属しているため、路線バスのグループカラーになっている。

hw-takefu_12.jpg 
 低床バスでは写真のような青基調のデザインになっている。



hw-takefu_26.jpg 
 越前市コミュニティバス「のろっさ」。福井の方言で「乗ろうよ!」という意味なんだとか。
関連記事

 停留所(高速線・地方編)