阪急バス路線物語(BLOG ver.)

阪急バス・阪急田園バスが運行する京阪神地区を中心に、「バス停」とその風景を撮り続けています。

福井駅東口(ふくいえきひがしぐち)

hw-fukuieki_42.jpg 
 福井県福井市中央1丁目、JR福井駅東口にあるバスターミナル。2009年5月22日に新設された。
 高速バス・大阪~福井線の運行開始当初は、降車扱いは「福井駅前」(福井放送会館前・京福バスおりば)、乗車扱いは「京福バスターミナル」(福井県繊協ビル1階・10番のりば)で取り扱っていたが、大阪方面をはじめとした高速バスなどは2009年5月22日から新設された福井駅東口バスターミナルに乗り入れたことで廃止した。京福バスターミナルから発車していた京福バスの路線バスも道路上にのりばを移したことで、2010年4月1日に乗り入れを全廃した。

hw-fukuieki_90.jpg 
 福井駅東口で乗車扱いをする阪急高速バス大阪(阪急梅田)行き。阪急バス便は1日1往復、福井に乗り入れている。

1番のりば
(高速バス)名古屋、東京
(路線バス)永平寺方面 
hw-fukuieki_74.jpg 
 1番のりばからは京福・福鉄関係の高速バスと、永平寺方面への特急バスが発車する。

hw-fukuieki_68.jpg hw-fukuieki_73.jpg 
 1番のりばの標柱。

2番のりば
(高速バス)京都深草・千里ニュータウン・大阪梅田
(空港バス)小松空港 
hw-fukuieki_88.jpg 
 大阪梅田方面の高速バスは2番のりばから発車する。

hw-fukuieki_55.jpghw-fukuieki_61.jpg 
 2番のりばの標柱。
 
hw-fukuieki_63.jpg 
 大阪行きの発車時刻表。運賃も掲載されている。

3番のりば
 高速バスおりば、JR系高速バスのりば 
hw-fukuieki_87.jpg 
 3番のりばでは高速バスの降車扱いと、西日本JRバスのりばとして利用されている。

hw-fukuieki_66.jpg hw-fukuieki_48.jpg  
 3番のりばの標柱。

その他 のりば 
hw-fukuieki_45.jpg 
 バスターミナル端では、観光バスや三国競艇場行きの臨時バスのりばが設置されている。

京福バス バスチケットセンター
hw-fukuieki_76.jpg 
 駅東口には京福バスによる高速バス待合所と発券所が設置されている。

hw-fukuieki_83.jpg 
 待合所はのりばから若干離れており、発車前までに各のりばに行く必要がある。

hw-fukuieki_81.jpg 
 待合室の中の様子。コインロッカーも設置されている。

hw-fukuieki_78.jpg 
 待合室内に掲示されている大阪方面の時刻表。

hw-fukuieki_82.jpg 
 お隣の建物は券売所。トイレが併設されている。

hw-fukuieki_33.jpg  
 JR福井駅(写真は西口)。名古屋・大阪方面からの特急列車が主に停車している。

hw-fukuieki_35.jpg 
 広々とした駅舎内。

hw-fukuieki_75.jpg 
 JR福井駅東口にはえちぜん鉄道の福井駅がある。もともとは京都で嵐電も運行している「京福電車」が鉄道線を運行していたが、1992年から路線廃止を表明したうえ、2000年12月と2001年6月には乗客を巻き込む死傷事故を起こし、営業停止すなわち事実上廃止させた。しかしながら、冬場を中心に交通マヒが発生するなど周辺交通が悪化したことから、福井県などが出資する第三セクターの「えちぜん鉄道」が2003年7月から営業を再開させている。



>> 京福バスターミナル(けいふくばすたーみなる)
hw-fukuieki_01.jpg 
 福井市大手3丁目、福井県繊協ビル1階にあったバスターミナル。同ビルが1966年11月に竣工してから、12月には京福バスが入居してバスターミナルの営業を開始。京福バスは屋内部分の約400平方mを含めた、約1655平方mをバスターミナルとして借りていたが、2009年9月に完全撤退を決定。2010年3月末をもって路線バスの乗り入れを終了した。その後、私塾企業が跡地の屋内部分を塾とするテナント契約を結び、2010年11月から営業を開始している。
 バスターミナルとして営業していた頃は、1番~10番までのバスバースが設置されており、大阪~福井線については10番のりばで乗車扱いを行っていた。
参考:「ティエラコム 福井のバスターミナル跡地に進出」(2010年6月28日、全国私塾情報センター)

hw-fukuieki_05.jpg 
 バスターミナル進入路の様子。現在は駐車場になっている。

hw-fukuieki_02.jpg 
 かつてバスが発着していたところは塾の駐輪場と駐車場に変わった。

hw-fukuieki_04.jpg 
 バスターミナル跡地はキレイに改装されて跡地には塾のテナントが入った。ただ、バスターミナルがあった頃と比べて、人の出入りがかなり少なくなった気がしないでもない。



>> 福井駅前(ふくいえきまえ)
hw-fukuieki_06.jpg 
 福井駅西口の中央大通り上に設置されている停留所。大阪方面からの高速バスは、福井放送会館前の京福バスおりばで降車扱いを行っていた。

hw-fukuieki_32.jpg 
 旧・京福バスターミナル方面に向かって撮影したもの。

hw-fukuieki_11.jpg 
 かつて高速バスが降車扱いをしていた場所は、今でも路線バスが降車扱いをしている。

hw-fukuieki_08.jpg 
 おりばの様子。

hw-fukuieki_07.jpg 
 おりばの標柱。かなり錆びついている。

hw-fukuieki_09.jpg 
 京福バスおりばの東側には福井鉄道バスのりばがある。

hw-fukuieki_13.jpg 
 福鉄バスのりばから京福バスおりばに向かって撮影。

hw-fukuieki_15.jpg 
 4~11番のりばは大通り西向きに設置されている。4番のりばの様子。

hw-fukuieki_16.jpg 
 5番のりば。

hw-fukuieki_20.jpg 
 7番のりば。

hw-fukuieki_22.jpg 
 8番のりば。

hw-fukuieki_25.jpg 
 9番のりば。

hw-fukuieki_26.jpg 
 10番のりば。

hw-fukuieki_27.jpg 
 11番のりば。

hw-fukuieki_23.jpg hw-fukuieki_24.jpg 
 福井駅前バス停の標柱にはバスロケーションシステムが搭載されている。


hw-fukuieki_31.jpg 
 降車バース。

hw-fukuieki_29.jpg 
 駅前バス停のはずれには「駅前商店街」なるバス停も設置されている。

hw-fukuieki_30.jpg 
 福井鉄道「福井駅前」電停。

hw-fukuieki_18.jpg 
 福井駅西口のバスのりばにも京福バスの案内所が設置されている。

20120624_211.jpg 
 福井市内などを走る京福バス。

20120624_221.jpg 
 福井市街を走るコミュニティバス。

20120624_175.jpg 
 福井と武生を結ぶ福井鉄道。

<補足>「福井駅東口」バスターミナルについて
 賑わいがあるのは福井駅西口、特に福井駅前電停周辺。
 先述のとおり、福井駅東口バスターミナルには高速バス利用者のために待合室や発券所が併設されている。待合所内にはコインロッカー・飲料自販機・トイレが設置されている。

2012.6.23
<補足>大阪~福井線 
20120624_027.jpg 
 2007年12月22日に京福バス・福井鉄道の共同運行により運行を開始したもの。基準賃率は25円20銭で、大阪~福井間の約230kmを3時間30分・3500円で結んでいる。阪急便は大阪発始発・現地発最終を担当する。
 2008年11月1日、阪急便で運行時刻を変更するほか、敦賀停留所の運賃の値下げを実施。2009年5月22日には、「福井駅東口」停留所を新設するのに伴い、「福井駅前」「京福バスターミナル」の各停留所を廃止した。
 2017年4月1日、大阪側の運行会社が阪急バスから阪急観光バスへ変更となった。

20120624_019.jpg 
関連記事

 停留所(高速線・地方編)