阪急バス路線物語(BLOG ver.)

阪急バス・阪急田園バスが運行する京阪神地区を中心に、「バス停」とその風景を撮り続けています。

JR出雲市駅(じぇいあーるいずもしえき)

hw-izumoshi_11.jpg 
 島根県出雲市駅北町、JR出雲市駅北口にあるバスターミナル。阪急バスの停留所としては、1989年4月20日の大阪~松江・出雲線の運行開始とともに新設された。バスのりばは全部で3バース設置されており、1番・2番のりばは路線バス、3番のりばは高速バスが発着する。

>> 路線バスのりば

hw-izumoshi_13.jpg 
 路線バスのりばは駅舎側に設置されている。

hw-izumoshi_25.jpg 
 のりばは出雲大社を模した上屋が設置されている。

1番のりば 
 (一畑バス) 出雲大社・日御碕方面、市内循環バス、島根医大・上塩冶車庫方面

hw-izumoshi_17.jpg 
 1番のりばからは出雲大社方面への路線バスが発着する。出雲市駅から出雲大社へは国鉄線があったものの廃止されて路線バスが運行されている。

hw-izumoshi_15.jpg 
 1番のりばの案内板。

2番のりば
 (一畑バス)国号9号線西進して小田方面、須佐方面
 (スサノオ観光)外園線、大寺線、根波線、平成温泉線
 (タニモトバス)三刀屋バスセンター方面

hw-izumoshi_18.jpg 
 2番のりばからは出雲市駅から主に西方面、南方面へのバスが出ている。

hw-izumoshi_19.jpg 
 一畑バスの時刻表。西方面への運行が主に。

hw-izumoshi_21.jpg 

 スサノオ観光の時刻表。2002年10月に一畑バスが廃止した路線を譲り受けて運行している。

hw-izumoshi_26.jpg 
 タニモトバスの時刻表。出雲市駅から三刀屋・掛合・赤名・三次方面へと抜けるJRバス雲芸線が2003年4月で廃止され、現在は三刀屋までの廃止代替路線が運行されている。三刀屋から先は雲南市民バスに乗り換えて雲南市の掛合・吉田地区まで移動できる。ちなみに、広島行き高速バスで三刀屋・掛合への移動もできる。

3番のりば
 大阪梅田、東京、名古屋、京都、神戸、岡山、広島、福岡方面 高速バス
 出雲空港方面 空港リムジンバス

hw-izumoshi_23.jpg 
 大阪梅田方面をはじめ、高速バスは3番のりばで発着する。


hw-izumoshi_06.jpg 

hw-izumoshi_04.jpg 
hw-izumoshi_05.jpg 
 3番のりばの各種掲示。


hw-izumoshi_12.jpg 
 JR出雲市駅は出雲大社を模した駅舎に。

hw-izumoshi_01.jpg 
 駅舎内の様子。


hw-izumoshi_07.jpg 
 一畑電鉄の電鉄出雲市駅。写真右手には中国JRバスの高速バス乗車券売り場がある。

hw-izumoshi_09.jpg 
 電鉄出雲市駅の内部。

2012.6.16

<補足>「JR出雲市駅」について
 駅舎内には飲食店やコンビニなどのテナントが入居しているほか、公衆トイレも設置されており、高速バスを待つには不自由しない。出雲大社へはJR大社線が廃止されたため、ここから一畑バスの路線バスで乗り換えることになる。

20120616_004.jpg 
 出雲市駅と特急「やくも」。京阪神方面からは山陽新幹線で岡山を経由してこの特急やくもを利用するのが最速となる。

20120616_007.jpg 
 大阪と松江・出雲市間を直通で結ぶのは高速バス「くにびき」のみ。


20120616_017.jpg 
 出雲市駅から出雲大社へは一畑バスが利用できる。出雲大社へは、松江駅方面から一畑電車も運行されている。

20120616_019.jpg 
 国道9号線を経由する路線は、西進する小田線のみで、宍道・松江方面への路線は廃止されている。

20120616_018.jpg 
 150円で利用できる出雲市内循環線。

20120616_021.jpg 
 スサノオ観光の平成温泉線。

20120616_022.jpg 

 スサノオ観光の大寺線。スサノオ観光の路線は一畑バス廃止路線を引き継いだもの。

 
<補足>大阪~松江・出雲線「くにびき」
hw-izumoshi_24.jpg 
 1989年4月に新大阪~松江・出雲間で運行を開始、1992年7月に大阪梅田発着に延長した。1日8往復の運行で、阪急バスでは大阪発午後3便と現地発午前3便を担当する。中国JRバスが担当する夜行便は週末になると満席になることが多い。
 梅田からはJR出雲市駅までの約323kmを5時間30分、梅田からJR松江駅へは4時間40分で結んでいる。大阪~島根間では、新幹線・特急やくも、あるいは伊丹・出雲間の飛行機が競合している。JRを使えば、大阪・出雲市駅間が約4~5時間・片道1万円超に対して、高速バスでは5時間半・5650円と、運賃面以外では大差がなく、千里桃山台からであれば高速バスの方が旅行時間面でも運賃面でも優位となる。

20120624_012.jpg 
 一畑バスの「くにびき」号。
関連記事

 停留所(高速線・地方編)