阪急バス路線物語(BLOG ver.)

阪急バス・阪急田園バスが運行する京阪神地区を中心に、「バス停」とその風景を撮り続けています。

銀山公会堂前(ぎんざんこうかいどうまえ)

ina_ginzankokaido_01.jpg 
 川辺郡猪名川町銀山字長家前にある停留所。
 銀山地区は多田銀銅山の中心地として栄え、奈良・東大寺の大仏鋳造に使われたという古い歴史を持ち、豊臣秀吉の埋蔵金が眠るともいわれている。特に江戸時代には代官所が置かれ、戸数は約3000戸を数える賑わいを見せていたが、現在は20戸の静かな集落となり、その周辺には多くの間歩(まぶ、坑道のこと)や代官所の門、明治時代に運転されていた精錬所跡などで当時を偲ぶことができるという(1988年3月、猪名川町・猪名川町観光協会が現地に設置した看板による)。

ina_ginzankokaido_04.jpg 
 東に向かって撮影。


ina_ginzankokaido_03.jpg 

 標柱は1本のみ設置している。
2012.4.28
関連記事

 停留所(猪名川町内線)