阪急バス路線物語(BLOG ver.)

阪急バス・阪急田園バスが運行する京阪神地区を中心に、「バス停」とその風景を撮り続けています。

内子(うちこ)

hw-uchikoi_26.jpg 
 愛媛県内子町(旧内子町)内子、国道56号線・内子町役場内子分庁東側にある停留所。伊予鉄南予バス内子営業所が併設されている。1990年4月27日の大阪~松山・八幡浜線の運行開始とともに新設された。

hw-uchikoi_25.jpg 
 大洲方面に向かって撮影。

hw-uchikoi_12.jpg 
 伊予鉄南予バス内子営業所。路線バス・高速バスの停留所と併設している。

hw-uchikoi_24.jpg 
 高速バスの乗降は、営業所の西側で行われることが多い。

hw-uchikoi_13.jpg 
 道路側では中山・松山市駅方面のバスが乗降扱いを行うことが多い。

hw-uchikoi_23.jpg 
 営業所待合室に設置されている高速バスの時刻表。

hw-uchikoi_21.jpg 
 待合室の様子。ローカル路線が淘汰されたせいか、換算としている。

hw-uchikoi_16.jpg hw-uchikoi_15.jpg 
 営業所に掲出されている高速バスと特急バスの看板。

2012.4.14

<補足>「内子」停留所について
 JR予讃線(内子線)・内子駅から国道方面へ0.7km(徒歩8分程度)、旧内子町役場(現内子町役場内子分庁舎)東にある。また、この内子分庁前には内子町営バス「内子分庁前」停留所が設置されている(後述)。
 内子町内を走る路線は、JR四国バスや伊予鉄南予バス・宇和島バスによって運行されていたが、ローカル路線については、特に2000年代前半から後半にかけて、その多くが廃止されてた。その代替として、内子町営バスが運行されているものの、運行日が限定されており、利用しづらい。
 廃止路線としては、内子(※)を経由していた宇和島バスは松山自動車道へのルート変更により2003年7月6日改正で廃止された。伊予市(旧中山町、旧双海町)方面へは、伊予鉄南予バスの内子~中山~佐礼谷線、中山~上永沢線、中山~栗田線、中山~永木線は2011年10月1日廃止された。また、内子町(旧内子町、旧五十崎町)方面については、伊予鉄南予バスの中山~内子~五十崎駅前~五十崎~五十崎自治センター線、満穂線(五十崎自治センター~内子~石畳の宿)も廃止されている。
(※宇和島バスの「内子」停留所は、伊予鉄バス「知清橋」停留所と同位置で、伊予鉄南予バス内子営業所前には停留所を設けなかった。)

20120414_16.jpg 
 内子営業所に停車する路線バスは、松山市街・八幡浜・三崎間を走る特急バスと、内子・中山間を結ぶローカル線のみに(2012年4月現在)。

hw-iyoshi_08.jpg 
 かつて内子(知清橋)に停車していた宇和島バスは、松山道経由へとルート変更することで、内子地域には停車しなくなった。

hw-uchikoi_03.jpg  
 JR内子駅前の様子。

20120414_25.jpg 
 内子線経由の特急「宇和海」。

hw-uchikoi_07.jpg 
 内子町営バスの「内子分庁前」停留所の様子。

hw-uchikoi_11.jpg 
 右手にみえる建物が内子分庁。合併前は内子町役場だった。

hw-uchikoi_08.jpg 
 町営バスの標柱はもともと国鉄バス→JR四国バスが使っていたもの。

hw-uchikoi_27.jpg 
 錆びつきも激しく、停名も合併前の「内子役場前」のままだ。
関連記事

 停留所(高速線・地方編)