阪急バス路線物語(BLOG ver.)

阪急バス・阪急田園バスが運行する京阪神地区を中心に、「バス停」とその風景を撮り続けています。

伊予市(いよし)

hw-iyoshi_02.jpg  
 愛媛県伊予市米湊、国道56号線・米湊交差点北側にある停留所。大阪~松山・八幡浜線の停留所としては1990年4月27日の運行開始とともに新設された。

hw-iyoshi_09.jpg 
 大洲方面に向かって撮影。

hw-iyoshi_10.jpg 
 松山・大阪方面の標柱。高速バスのりばにしては上屋もベンチも無い殺風景な停留所に。右隣にあるのは宇和島バスの標柱。

hw-iyoshi_11.jpg 
 高速バス発車予定時刻表。大阪行きのほかに東京行きや名古屋行きも停車する。下の板には伊予鉄バス松山市駅行きの時刻表が掲示されていたはずなのだが、時刻表がまったく読み取れない状態に。


hw-iyoshi_03.jpg 
 八幡浜方面の標柱。高速バスとしてはおりば標柱となる。

hw-iyoshi_04.jpg 
 特に高速バスおりばとしての表示はなく、八幡浜・三崎行き特急バスの時刻表が掲示されているのみ。

2012.4.14

<補足>「伊予市」停留所について
 バス停は国道56号線・伊予街道上に設置されており、JR伊予市駅および伊予鉄郡中港駅から東へ徒歩0.8km・10分ほどの距離がある。周辺には伊予市役所東側にスーパーがある程度で、「伊予市」停留所には待合所などの設備は一切無い。バス停に来る前に食料確保やトイレを済ませておきたい。
 「伊予市」停留所については、伊予鉄バスが松山~八幡浜・三崎間を結ぶ特急バスを、宇和島バスが道後・松山~伊予市~卯之町・宇和島・城辺間を結ぶ急行バス・特急バスを運行しており、この2路線のみが停車する。ローカル路線では、郡中港駅前に伊予鉄南予バス「郡中」停留所があるが、長浜~郡中線が平日1往復、郡中~唐沢線が平日2往復、それぞれ停車するのみ。これ以外に市外の者が利用できる交通機関は無い。鉄道線については
、伊予市街まで歩けば、JR伊予市駅からはJR予讃線が、伊予鉄・郡中港駅からは松山市駅への郊外電車が利用できる。

20120414_27.jpg 
 JR予讃線・伊予市駅。駅前にはタクシーが乗り入れるのみ。

20120414_28.jpg 
 JR伊予市駅のすぐ西隣には、伊予鉄「郡中港」駅と伊予鉄南予バス「郡中」停留所がある。伊予鉄の電車については松山市駅へ昼間時15分間隔と高頻度で運行されている。

20120414_24.jpg 
 JR予讃線のローカル列車。気動車が使われている。

20120414_79.jpg 
 一方の伊予鉄は電車。郊外電車として松山と郡中港(伊予市)間を結んでいる。
 
hw-iyoshi_08.jpg 
 「伊予市」停留所に停車する宇和島バスは松山市内と宇和島・城辺とを結ぶ。道後公園前・松山市駅・伊予市~卯之町・宇和島間は1日17往復と本数が多い(2012年4月現在)。伊予市・卯之町間は、松山道を経由する特急
と大洲本町・西予市役所前を経由する急行の2系統に分かれる。

20120414_16.jpg 
 一方の伊予鉄バスは松山市駅から伊予市・内子・大洲本町・八幡浜駅前を経て三崎へと向かう特急バスを運行する。こちらは1日3往復と少ない
(2012年4月現在)
関連記事

 停留所(高速線・地方編)