阪急バス路線物語(BLOG ver.)

阪急バス・阪急田園バスが運行する京阪神地区を中心に、「バス停」とその風景を撮り続けています。

ICカード乗車券『hanica(ハニカ)』、2012年4月1日利用開始!

hanica_card_big.gif   
 スルッとKANSAIネットワークの拡充に伴い、阪急バス・阪急田園バスでは2001年4月1日に回数券を従来の紙式から磁気カードへと進化した「回数カード」(愛称「カルネ」カード)の発売を開始しました。また、阪神電鉄バス(現在の阪神バス)でも2002年9月1日から「バスカード」の発売を実施しました。
 その後、阪急電鉄・阪神電車のグループ統合により、2007年4月1日からは2000円券において阪急バス・阪急田園バスと阪神バスとの共通化を実施、2009年3月1日より、5000円券と小児1000円券においても共通化を実施した。以降、阪急バス・阪急田園バスと阪神バスの両者で共通利用できる回数カードが使用されてきました。
 しかしながら、2000年代後半からのPitapaをはじめとするICカード乗車券の誕生に加え、カードリーダ(カード読取機)の老朽化なども相俟って、この共通回数カードをICカード化した 
hanica が2012年4月1日より利用開始されることになりました。
 ちなみに
 hanicaの語源は「阪急&阪神(HAN)バスが発行する IC カード(Ic CArd)」とのこと。

hanica_1134.jpg 
 2012年3月21日より、各営業所・案内所の窓口で先行発売が実施されるということで、所定用紙に必要事項を書き込み、申し込んでみることにしてみました。
 購入した窓口では、助役の方々がマニュアルを確かめながら発行されていました。

hanica_1135.jpg 
 営業所窓口で発行された利用明細書。左がICカード購入時、右がチャージ時の明細書です。A4サイズで印刷されるとは、ちょっと大きすぎるかも?

hanica_1136.jpg 
 これが記名式のhanica。左下には名前(カタカナ)と年齢、右上には阪急バスの文字が入ります(ぼかし加工済)。 無記名式では「★」印がつきます。

hanica_1137.jpg 
 裏面は他のICカードと同様に利用案内が明示されていました。左上と右下にはアルファベットと数字による番号がふられています。

hanica_1131.jpg 
 この日、千里中央では阪急バス本社によるhanica発売の催しが行われていました。

20120322_1149.jpg 
 千里阪急前に設置された臨時発売所。3月末日まで臨時設置するとか。

20120322_1150.jpg  
 ただ、公式サイトには「発売日」に関する記述は発売日当日にも無く、利用者は「4月から利用開始なのは分かるけど、発売日はいつから?」と困惑している姿も見受けられました。
※追記
 2012年3月21日15時37分分頃、公式サイトにて発売日が公表されました。


 ・・・そして、2012年4月1日。 hanica の利用開始となりました。
20120401_071.jpg 
20120401_070.jpg 
 バス車内の運賃表などには
hanica に関する案内が掲示されるようになりました。

20120401_072.jpg 
  hanica は窓口で乗車履歴が印字できるように。ただし記名式 hanica では身分証明が必要になりました。

20120401_073.jpg 
 実際にhanicaの利用履歴を印刷してもらいました。
 ちなみに阪神バスを利用した場合、阪神バスでは乗車口にカードリーダがないため、事業者名は「阪神バス」、乗車時刻・乗車停留所は「--:-- 阪神バス」、降車時刻・降車停留所は「**:**  (空白)」(すなわち、降車時刻のみ記載あり)という記載になっています。

その他
 ・ hanica のパンフレットに描かれるイラストを担当された方のWEBサイト
 ・阪急バスによる
hanica 案内サイト (2012年5月2日18時36分頃 公開開始)
 ・Felica(SONY)カードリーダで読み取りについては、
   ccmgr氏によって開発されたフリーソフト「
nucopa」によって
    使用履歴の確認が可能となりました。


hanica(ハニカ)チャージ機 設置場所
 チャージ機設置場所は次のとおりです(2012年4月半ば、阪急バスの回答に基づく)。
>>定期継続機能付チャージ機
hanica_charage03.jpg 
 アズナスエクスプレス千里中央、アズナス逆瀬川、千里中央案内所(旧回数カード自販機)などで設置している。
hanica_charage04.jpg  
 タッチパネル式のもの。つり銭も出る設計になっていることから、IC定期券化も見越しているのだろうか。

>>チャージ機
hanica_charage01.jpg 
 アズナスエクスプレス池田、アズナス川西能勢口・長岡天神・豊中、梅田案内所(三番街高速バスのりば)などで設置。
hanica_charage02.jpg 
 こちらはボタン式。

※「hanica」(ハニカ)発売に際しましては、
 取材に快諾していただいた
 阪急田園バス豊能支社の方々に、この場で深く御礼申し上げます。

2012.3.21 13:31 公開
関連記事

 コラム(イベントなど)