阪急バス路線物語(BLOG ver.)

阪急バス・阪急田園バスが運行する京阪神地区を中心に、「バス停」とその風景を撮り続けています。

0634 鎌倉峡(かまくらきょう)

0634_07.jpg 
 西宮市山口町下山口、有馬病院前交差点南にある停留所。
 2015年10月24日の山口営業所管内路線再編で有馬線の停車が廃止され、西宮山口線(さくらやまなみバス)の専用停留所となった。

0634_01.jpg 
 下山口方面に向かって撮影。

0634_03.jpg 0634_04.jpg 
 山口営業所前方面の標柱。

0634_05.jpg 

 宝塚方面の標柱。

2011.11.23

>>補足 鎌倉峡バス停と峡谷・鎌倉峡
こちらの記事に加筆・修正を加えたものを再掲
 今日では西宮市山口町・有馬病院前交差点付近にある「鎌倉峡」バス停だが、国道176号整備や中国自動車道開通前(1970年代まで)には、現在の中国道高架下にバス停が設置されていた。
 一方、峡谷「鎌倉峡」は神戸市北区道場町生野にある。船坂から武庫川に流れる船坂川沿いにある峡谷で、一般には北側のJR道場駅方面からのアクセスが主流となっている。
 「(旧)鎌倉峡」バス停と「鎌倉峡」の位置関係をみると、旧バス停から下流に下っていけば鎌倉峡にたどり着くのが地図で分かる。しかしながら、ゴルフ場が建設されたせいか、登山道が消失したため、険しい船坂川沿いを歩かなければたどり着くことは出来ない。さらに鎌倉峡には大きな岩石がゴロゴロとあり、鎖やロープを伝わなければいけない場所だという。
 結論をいえば、よほど登山や渓谷歩きに慣れている者でない限り、今日の鎌倉峡バス停(山口町側)からのアクセスは困難であることがいえる。
0634_map.gif  クリックすると拡大します
関連記事

 停留所(一般路線)