阪急バス路線物語(BLOG ver.)

阪急バス・阪急田園バスが運行する京阪神地区を中心に、「バス停」とその風景を撮り続けています。

1433 東山台四丁目(ひがしやまだいよんちょうめ)

1433_10.jpg 
 西宮市東山台4丁目にある停留所。西宮名塩ニュータウン線の運行開始に伴い、1995年9月1日に新設された。

1433_05.jpg 
 西宮名塩駅方面に向かって撮影。東山台四丁目より北側には国見台という造成中の住宅地がある。

1433_08.jpg 
 西宮名塩駅方面のりばの様子。上屋・ベンチと停留所掲示とが一体化している。

1433_07.jpg 
 上屋の停留所名標示。

1433_09.jpg 
 上屋に設置されている時刻表。

1433_06.jpg 
 交差点北側にはおりばが設置されている。この先には造成中の国見台住宅地があるが、進捗が遅いようで、進入できない。

1433_03.jpg 1433_01.jpg 
 おりば標柱。「阪急曽根」停留所のおりば標柱が再利用されている。

1433_02.jpg 
 おりば先の転回場で折り返すバス。

>>補足 西宮名塩ニュータウン線

bus_53_higashiyamadai.jpg 
 西宮名塩駅と東山台四丁目間を運行する、西宮名塩ニュータウン線[53]系統。1995年9月1日から運行を開始した。途中停留所はわずか2ヶ所のみ。所要時間も往路・復路とも約8分と極めて短い。

bus_20111126_2151.jpg 
 2011年現在では写真のようなノンステップバスによる運行が主流になっている。

bus_20111126_2182.jpg 
 西宮名塩ニュータウンといえば名物なのが斜行エレベータ。阪急バスの運行するエリアは斜行エレベータから徒歩20分以上離れたところにバス停があるため、路線バスとこちらとで棲み分けができている。

bus_20111126_2162.jpg 
 東山台地区を走る阪急バス。

2011.11.26

関連記事

 停留所(一般路線)