阪急バス路線物語(BLOG ver.)

阪急バス・阪急田園バスが運行する京阪神地区を中心に、「バス停」とその風景を撮り続けています。

1224 センター前(せんたーまえ)


 宝塚市中山五月台2丁目、中山台ファミリーセンター前にある停留所。のりばは4ヶ所に設置されている。

1224_20170305_12.jpg 
 2000年3月31日に阪急中山北口~センター前間の路線延長が行われたことで、当停留所の各標柱には番号が付与され、コープ前・西行きが1番のりば、桜台2丁目交差点西側・西行きが2番のりば、コープ前・東行きが3番のりば、交番前・南行きが4番のりばとなっていた。2012年8月1日のダイヤ改正で、阪急中山方面→センター前→五月台五丁目方面の運行系統が廃止されたため、3番のりばが廃止されたことを受けて、4番のりばが3番のりばに改番された。そして2017年3月1日の路線再編では、コープ前・東行き標柱と交番向かい側・北行き標柱などが新設されたことに伴い、旧2番のりばは「
桜台一丁目」に停留所名称を変更したうえで停留所として分化させたうえで、他の4ヶ所の標柱については現在の番号に改番された。

▼1番のりば
 五月台一丁目経由 阪急中山観音・宝塚営業所前・宝塚市立病院行き
 中山台二丁目経由 阪急中山観音北口・JR中山寺北口・阪急逆瀬川行き

1224_20170305_04.jpg 
 交番前南行きの1番のりば。向かい側には3番のりばがある。

1224_01.jpg 
 2011年に撮影したときもの。

1224_20170305_05.jpg 1224_20170305_08.jpg 
 1番のりばの標柱。

1224_02.jpg 
 2011年に撮影したときもの。のちに3番のりばに改番して現在に至る。 

▼ 2番のりば
 桜台二丁目・桜台六丁目・五月台五丁目 経由、
 五月台六丁目・五月台三丁目方面、宝塚山手台一丁目・阪急山本方面 

1224_20170305_44.jpg 
 コープ前・西行き標柱が2番のりば。向かい側には4番のりばがある。

1224_05.jpg 
 2011年に撮影したときのもの。

1224_20170305_58.jpg 
 現在の2番のりばの標柱。

1224_08.jpg 
 2000年3月改正以降は1番のりばを付番されていた。

▼ 3番のりば
 五月台三丁目・五月台六丁目 経由 五月台五丁目・桜台六丁目・桜台二丁目 方面
1224_20170305_21.jpg 
 コープ東側の北行きにある3番のりば。向かい側に見えるのは1番のりば。

1224_03.jpg 
 2011年に撮影したときのもの。

1224_20170305_23.jpg 
 3番のりばの標柱。

1224_20170305_27.jpg 
 3番のりばで乗降扱いするコープ買い物バス。

1224_20170305_37.jpg 
 センター内に設置されている買い物バス待合所。

▼ 4番のりば
 五月台一丁目経由 JR中山寺北口・阪急中山観音・宝塚営業所前方面
1224_20170305_52.jpg 
 コープ前・東行きの4番のりば。

1224_20170305_82.jpg 
 新設(事実上の「復活」)に合わせて、上屋が更新され、標柱との一体化がなされた。

1224_20170305_69.jpg 
 4番のりばの標柱。

1224_07.jpg 
 2012年8月1日改正で廃止される前の標柱。廃止後は上部円板がはずされ、幌が被されていた。

▼ 現「
桜台一丁目」停留所 
1224_10.jpg 
 中山桜台2丁目交差点西側にあった標柱。

1224_09.jpg(2011年11月撮影)
 この頃は2番のりばを付与されていた。現在は「
桜台一丁目」に名称変更された。 

1224_06.jpg 
 コープを併設する商業施設「中山台ファミリーセンター」。

0109_20170305_04.jpg 
 中山台は全体として坂があり徒歩や自転車での回遊は難しい。そのため、コープやファミリーセンターでの買い物客向けに団地内を循環する無料バスが運行されている。


2011.11.19    2012.7.28訂正 2017.3.5
関連記事

 停留所(一般路線)