阪急バス路線物語(BLOG ver.)

阪急バス・阪急田園バスが運行する京阪神地区を中心に、「バス停」とその風景を撮り続けています。

第11回 スルッとKANSAIバスまつり in 園田競馬場

20110925_0564.jpg 
 2011年9月25日(日)、園田競馬場にて第11回スルッとKANSAIバスまつりが開催されました。
 今回は阪急バスがバスまつりで初めて幹事を務めるということで早速様子を見に行くことに。

20110925_0555.jpg 
 以下、内容については追記をご覧ください。

※注意
 各画像については、プライバシー権を配慮して、個人特定ができないような処理を施しています。
 一部不鮮明なところもありますが、ご了承下さい。
>>園田線(阪急園田~園田競馬場系統)の催事輸送(会場シャトル)
20110925_0545.jpg 
 園田競馬場付近の路線バスは、通常運行される尼崎市バスのほかに、阪急園田・園田競馬場を結ぶ臨時バスが阪急バス・尼崎市バスによって運行されている。この臨時バスでは無料(=園田競馬場が運賃を負担している形となる)だが、今回の催事輸送では、尼崎市バス同調運賃200円が適用された。催事輸送であるため、社員乗車証や環境定期券などは利用できなかった。
 今回の臨時輸送にあっては、LED表示機や音声合成装置の長点を最大限に活かすべく、当輸送専用の車内放送や行先表示が設定されたのも特筆すべき事項だろう。

20110925_0542.jpg 
 阪急園田で会場行きバスを待つ長蛇の列。午前中には園田駅改札付近まで列がのびた。


20110925_0541.jpg  
 標柱に掲示された運賃案内。

20110925_0586.jpg 
 園田競馬場行き直行バスの例。

20110925_0548.jpg 
20110925_0547.jpg 

20110925_0543.jpg 
 前面・側面のLEDには丸ゴシック系のフォントが採用された。

20110925_0544.jpg 
20110925_0580.jpg 
 阪急園田行き直行バスの様子。

20110925_0560.jpg 
20110925_0561.jpg 

20110925_0550.jpg  
 上から前面・側面・後面の各表示の様子。

20110925_0562.jpg 
 尼崎市バスもシャトル輸送に参加した。   


>>各展示ブースの様子~阪急バスの場合~
 関西圏外では静鉄バスや西鉄バス、関東バス、両備バス、岐阜バスなども参加した今回のバス祭り。
 他社ブースの様子は、他所サイトさんにお任せするとして、この記事では幹事を務めた阪急バスブースを中心に紹介する。

20110925_0565.jpg 
 阪急バスの車両展示ブース。今年8月末日に登録された茨木営業所の新車が展示されていた。

20110925_0567.jpg 
 車両展示ブースでは、実際に使用されている制服や制帽を着たコスプレ撮影会を実施。子供を対象とした撮影会だが列ができるほどの評判だった。


20110925_0568.jpg 
 初回と今回の2度しかバス祭りに参加していない筆者の個人的な見解としては、初回に比べて子供連れがやけに多い印象を受けた。関西で新型インフル流行が起きてから利用客が減少し続けている今、こうしたサービス展開も必要なのだろう。

20110925_0566.jpg 
 遊園地並みの待ち時間に・・・。

20110925_0590.jpg 
 コミュニティバスブースでは西宮市から「さくらやまなみバス(西宮山口線)」が参加した。市職員がパンフレットを配ってアピールしていた。

20110925_0600.jpg 
 一方こちらは販売ブース。阪急バスと阪急田園バス共同による出店。方向幕・停留所円板シールをはじめ、様々な商品が売られていた。


20110925_0591.jpg 
 別会場では特製の阪急バス停留所標柱がずらりと・・・。

20110925_0593.jpg 
 いながわ祭りや宝塚ホテルで実施されている電車・バス祭りではすっかりおなじみとなった、猪名川・清和台営業所による縁日コーナー。今回も実施されていた。

20110925_0597.jpg 
 実際に使用された車両部品で再利用して作られた運転席ブース。制帽を被った子供たちが運転席に乗り楽しむ様子が見受けられた。運転席も座席も降車ボタン(実際に稼動)も、すべての部品が実際に使用されているものという凝り様。 

20110925_0598.jpg 
 スーパーボールすくい。こちらでは阪急バスと猪名川町ふれあいバスとの2種のデザインのものが使われていた。

20110925_0604.jpg 
 「子供限定」のミニバスも運行(場内液晶テレビ越しに撮影)。
 
20110925_0563.jpg 
 別会場では、関西圏外の岐阜バス・両備バス・西鉄バス・関東バスの車両展示も行われていた。

20110925_0569.jpg 
 岐阜バスの「清流ライナー」。岐阜駅と岐阜大学・病院間で運行されているメルセデス・ベンツ製の連結バス。連結バスといえば千葉県幕張で運行されている京成バスなどが有名だが、関東圏外では岐阜バスが初だそう。

20110925_0575.jpg 
20110925_0576.jpg 
J `・ω・) < Oh,long....

20110925_0571.jpg 
 こちらは両備バスのSOLARVE。両備グループ100周年事業でつくられたバスだ。

20110925_0574.jpg 

 車内は世界初の白基調デザイン。欧州の技術を最大限に活かしたんだとか。

20110925_0572.jpg 
 こちらは西鉄バスの「ぐりーん」。とある雑誌では『バスで旅するわくわく九州』といった特集がされるほど、路線バス・高速バスのサービスが素晴らしい九州島内。西鉄バスでは市街地観光対策としてこの「ぐりーん」を運行しているそうだ。

20110925_0577.jpg 

 関東バスの「ムーバス」。現在のコミュニティバスブームの発端となった。

>>おまけ

20110925_0595.jpg 
 会場をぼーっと回っていると、阪急バスのオリジナルキャラクター・バースケ君が颯爽(?)と登場。

20110925_0596.jpg  
 子ども達にもみくちゃにされ戯られながら会場を去るバースケ君。
 この日、風のおかげで涼しかった会場だが、バースケ君の中の人はさぞかし暑かったのだろう。

2011.9.25

関連記事

 コラム(イベントなど)