阪急バス路線物語(BLOG ver.)

阪急バス・阪急田園バスが運行する京阪神地区を中心に、「バス停」とその風景を撮り続けています。

神郷(しんごう)

※ 2012年4月1日改正により「神郷」停留所は廃止されました。
  バスストップへの出入口は上下線ともに閉鎖されたため、出入りできなくなりました。

hw-shingo_35.jpg 
 岡山県新見市神郷(旧阿哲郡神郷町)下神代、中国道・神郷PAにある停留所。岡山県内にありながらも、土着ではない阪急バスのみが停車するという、ちょっと変わった停留所。
 2012年4月1日の新見・三次線ダイヤ改正の際に、西宮名塩とともに当停留所も廃止されることとなった。これにより、岡山県内にある阪急バス単独の停留所は隣の「哲西」のみとなった。

hw-shingo_51.jpg 
 三次方面に向かって撮影。


hw-shingo_38.jpg 
 三次方面のおりば標柱。(2012年9月9日、撤去を確認)

hw-shingo_39.jpg hw-shingo_36.jpg おりばの掲示面。

hw-shingo_37.jpg 
 各種掲示類は阪急バスが設置しているようだ。 
 
hw-shingo_42.jpg 
 出入口の様子。
 
hw-shingo_52.jpg 
 一方、こちらは大阪方面のりばの様子。待合室が設置されている。(2012年9月9日、標柱の撤去を確認)

hw-shingo_48.jpg
  
 大阪方面の標柱。

hw-shingo_56.jpg hw-shingo_49.jpg 掲示面。

hw-shingo_45.jpg  
 バスストップの出入口。
 
hw-shingo_46.jpg 


2011.8.9



<補足>神郷バスストップのアクセス
 JR備中神代駅から徒歩20~25分程度、新見市営バス「新市」停留所および備北バス「神代郵便局前」停留所から徒歩10~15分程度。どの駅・停留所からも国道方向へ目指す必要がある。
 備北バスについては新見駅から神郷・哲西へと向かう哲西・神郷線が利用できる。新見駅からの運賃は310円。新見市営バスについては坂根線が利用できる。神代駅前からの運賃は100円と安いが、平日と土曜日しか運行されていないことに注意。備北バスの時刻表・運賃等については備北バスまたは新見市役所福祉部生活環境課生活交通係に電話等で直接問い合わせること。
 飲料の確保については、神代郵便局やJA前にある飲料自販機、あるいは神郷バスストップの隣にある神郷PAにて。
※2012年4月1日の「神郷」バスストップ廃止に伴い、バスストップ出入口が閉鎖されています。(2012年9月9日確認)

hw-shingo_31.jpg 
 国道のバスストップ出入口の様子。写真右におりると神代。

hw-shingo_28.jpg 
 東城方面に向かって撮影。

hw-shingo_57.jpg 
 バスストップ側からみるとこんな感じ。国道を渡りまっすぐ進むと神代の市街地に出る。

hw-shingo_29.jpg 
 「阪急ハイウェイバス大阪ゆきのりば」と書かれた古めかしい看板。
 
hw-shingo_32.jpg 
 中国道脇にあるバスストップの分岐点。

hw-shingo_33.jpg 
 こんな感じに道が分かれる。

◆備北バス 神代郵便局前バス停
hw-shingo_26.jpg 
 旧神郷町の中心部にある停留所。

hw-shingo_23.jpg 
 哲西に向かって撮影。


hw-shingo_24.jpg 
 標柱はこんな感じ。

hw-shingo_25.jpg 
 運行本数は極めて少なく平日1.5往復のみ。

・新見市営バス 新市バス停
hw-shingo_17.jpg 
 新市踏切近くには市営バスの停留所がある。神郷バスストップへはこちらの方が近い。

hw-shingo_15.jpg 
 神代に向かって撮影。

hw-shingo_16.jpg 
 新見市営バスの標柱。時刻表が掲示されていないのがポイント。

・JR備中神代駅
hw-shingo_10.jpg 
 鉄道からアクセスする場合には備中神代駅を利用するとよい。

hw-shingo_05.jpg 
 バスの本数も少ないが、鉄道の本数も少ない。

hw-shingo_01.jpg 
 備中神代駅に停車する米子行き普通列車。

hw-shingo_62.jpg 
 神郷地区を走る新見市営バス。

20110809_8316.jpg 
 平日1.5往復の備北バス哲西線。

hw-shingo_60.jpg 
 新見市役所神郷支所も近くにある。

関連記事

 廃止停留所(高速線)