阪急バス路線物語(BLOG ver.)

阪急バス・阪急田園バスが運行する京阪神地区を中心に、「バス停」とその風景を撮り続けています。

8104 彩都西駅(さいとにしえき)

8104_07.jpg 
 茨木市彩都あさぎ1丁目、大阪モノレール彩都線・彩都西駅前にある停留所。2011年7月1日、茨木彩都線の開業とともに新設された。2016年6月6日に北大阪ネオポリス線が彩都西駅へ乗り入れることに伴って、従来の乗り場を2番のりばとし、乗り場2バース・降り場1バース、駅前広場中央部にバス待機場を設置することとなった。

8104_11.jpg 
 彩都西駅(右奥)と阪急バス茨木彩都線。

1番のりば(北大阪ネオポリス線・千里中央方面) 
 彩都粟生南六丁目・粟生間谷西四丁目・青松園前・白島経由
 [23][急行]・[24]萱野小学校前経由 千里中央方面

img_20160606_097.jpg 
 1番のりばは、2016年6月6日の北大阪ネオポリス線乗り入れに伴って新設された。


img_20160606_090.jpg 
 1番のりばの標柱。

2番のりば(茨木彩都線、北大阪ネオポリス線・希望ヶ丘・余野方面)
 [23]馬場・泉原・千提寺口・上音羽経由 希望ヶ丘二丁目・余野方面
 [95]宿川原・中河原南口・春日経由 JR茨木・阪急茨木方面 

8104_09.jpg 
 2011年7月1日の茨木彩都線運行開始にあわせて新設された乗り場。2016年6月6日の路線再編で2番のりばとなった。

8104_08.jpg 
 2011年7月に新設された当時の標柱。

8104_20150531_01.jpg 
 2016年6月ダイヤ変更から2番のりばに変更となった。希望ヶ丘・余野方面のバスも乗車扱いをするようになった。

おりば 
 すべてのバスが降車扱いを実施。
8104_03.jpg 
8104_05.jpg 
 おりば標柱も設置されている。千里中央~希望ヶ丘・余野系統も、一旦ここで降車扱いを行ったのち、各のりばで乗車扱いを行う。

8104_01.jpg 
 彩都西駅ロータリーは悪質な路上駐車が慢性的に発生しており、茨木市によってこんな看板がたてられていた。

<補足>茨木彩都線[95]阪急茨木~JR茨木~宿川原~彩都西駅 
 阪急茨木市駅・JR茨木駅などがある茨木市街から、国道171号線を西進、国道豊川から北へ、彩都あさぎ地区、彩都西駅へと運行する。途中停留所の国道豊川停留所については、停留所位置などの都合によるせいか、茨木行きのみ停車する。
 運行本数はJR茨木~彩都西駅間で平日15往復、土曜日13往復、日祝12往復(うち終日7往復は阪急茨木~JR茨木間を延伸運行)。所要時間はJR茨木・彩都西駅間で約30分(時刻表を基に算出すれば、往路で約25分、復路で約32分程度)、運賃は210~280円となっている。
8104_15.jpg 
 彩都西駅に到着する、[95]彩都西駅行き。
 

8104_12.jpg
 彩都西駅を発車する[95]阪急茨木行き。

8104_06.jpg 
 運行開始の告示。

20160608_saitoneo_02.jpg 
 2016年6月6日から彩都西駅への乗り入れを開始した北大阪ネオポリス線。


img_20160606_082.jpg 
 朝夕時間帯には千里中央~彩都西駅の区間系統が新設された。

2011.7.2 2016.5.30
関連記事

 停留所(一般路線)