阪急バス路線物語(BLOG ver.)

阪急バス・阪急田園バスが運行する京阪神地区を中心に、「バス停」とその風景を撮り続けています。

0683 別府東(べふひがし)

0683_01.jpg 
 大阪r16(大阪高槻線)、摂津市東別府3丁目にある停留所。唐崎線運行当初の停留所名称は「別府」。1963年7月20日に「昭和樹脂前」に停留所名称を変更する。現在の東別府3丁目5番地付近にあった工場「昭和樹脂工業」に由来するものである。その後工場が「高分子化学工業」と名称を変えたことから、1968年2月1日には「高分子前」への名称変更を実施した。1970年代後半には「ライオン歯磨前」、1980~1990年代には「ライオン前」という停名に名称変更されていた。
 2002年8月、ライオン(株)が中期経営計画実施の一貫による物流拠点集約化に伴い、東別府にあった摂津流通センターを吹田市江坂を本社とする物流会社へ売却を実施した。これにより阪急バスでは2002年7月16日に、近鉄バスでは同年8月4日に「別府東」への名称変更を実施した。ただ近鉄バスは2007年1月1日に摂津市内路線再編により当停留所を廃止した。

0683_04.jpg 
 JR吹田方面に向かって撮影。

0683_02.jpg 
 JR吹田方面の標柱。

0683_03.jpg 
 摂津ふれあいの里方面の標柱。

2011.6.11
関連記事

 停留所(一般路線)