阪急バス路線物語(BLOG ver.)

阪急バス・阪急田園バスが運行する京阪神地区を中心に、「バス停」とその風景を撮り続けています。

1071 外院の里(げいんのさと)

1071_01.jpg 
 箕面市粟生外院4丁目にある停留所。停名の由来は阪急電鉄が開発した450戸の分譲住宅地「阪急外院住宅」こと「外院ノ里」のこと。阪急バスでは新住宅地における輸送に対して運行損失金などに対する補償をディベロッパーに求める「阪急バス方式」と呼ばれる補償交渉を進めてきたが、この外院ノ里住宅地も昭和46年8月20日に阪急電鉄と契約し、1971(昭和46)年10月30日に北千里~今宮間と勝尾寺口~外院の里~小野原間の各区間を新規延長して外院の里線・北千里~外院の里循環の運行を開始した。

1071_m54_04.jpg  
 豊川住宅方面に向かって撮影。道路沿いには戸建て住宅が並ぶ。

1071_m54_01.jpg 
 粟生外院方面に向かって撮影。

1071_02.jpg 
 粟生団地、小野原・北千里・千里中央方面の標柱。標柱は東行きのみ。

1071_m54_03.jpg 
 箕面循環線の標柱が設置されて以降に撮影したもの。

1071_m54_02.jpg 
 粟生外院方面の標柱。


1071_bus66.jpg 
 粟生団地線[66]千里中央・北千里→新家→外院の里・小野原方面行き。平日・土曜日・日祝ダイヤともに、朝の数便は小野原から先の小野原西・北千里・千里中央方面へ循環運行するが、それ以外は小野原止めとなる。
 2010年4月1日改正現在、千里中央発では、[66]外院の里・小野原行きは循環便が平日5便・土曜5便・日祝1便、小野原止めが平日12便・土曜10便・日祝10便、[64]粟生団地行きは平日9便・土曜7便・日祝6便。外院の里発では[66]北千里・千里中央行きは循環便も含めて平日24便・土曜22便・日祝17便。千里中央から外院の里までは約22分で運行している。

2010.6.25
関連記事

 停留所(一般路線)