阪急バス路線物語(BLOG ver.)

阪急バス・阪急田園バスが運行する京阪神地区を中心に、「バス停」とその風景を撮り続けています。

0193 絹延町(きぬのべちょう)

0193_02.jpg 
 川西市出在家町にある停留所。停名の由来となる絹延町地区は停留所南東に位置している。
 もとの停名は「北摂皮革組合前」(ほくせつひかくくみあいまえ)。「兵庫県北摂地区皮革工業協同組合」の事務所があった(絹延町1-1)ことに由来する。もともと周辺の火打地区は全国有数の皮革生産地で全盛期は120にも及ぶ工場があったが、国産品の需要低下や外国産品の台頭により廃業や移転が相次ぎ、末期には数軒までに減少してしまった。この動きをみて、川西市では周辺の再開発を計画(中央北地区整備事業)し、火打前処理場は2005年12月に完全に撤去された。2009年2月15日に実施された停名改称はこうした移転・撤去に伴うものである。

0193_01.jpg 
 北に向かって撮影。周辺は住宅地になりつつある。

0193_03.jpg 
 JR川西池田方面の標柱。停名改称に合わせて、標柱本体が新製に更新されている。 

0193_04.jpg 
 停留所から東へ5~6分歩いたところにある能勢電鉄・絹延橋駅。さらに東に進むと絹延橋停留所がある。

2010.4.22 
参考にした書類 
http://bus.hankyu.co.jp/whats_new/090209t.pdf 
 阪急バス 2009.2.15より名称変更「北摂皮革組合前」⇒「絹延町」
http://www.kobe-np.co.jp/chiiki/ha/0000237876.shtml 
 「基準値超す六価クロム検出 川西の中央北整備区域」神戸新聞 2007.2.10
http://www.city.kawanishi.hyogo.jp/machi/cyuoukitaseibi/index.html 
 川西市>まちづくり>中央北地区整備事業
関連記事

 停留所(一般路線)