阪急バス路線物語(BLOG ver.)

阪急バス・阪急田園バスが運行する京阪神地区を中心に、「バス停」とその風景を撮り続けています。

丹波島橋南(たんばじまはしみなみ)

2013年7月13日、阪急バスの「大阪・京都~長野線」は廃止されました。
路線はアルピコ交通・アルピコ交通大阪が引き続き運行しています。

hw-tanbajima_01.jpg 
 国道117号線・長野県長野市青木島にある停留所。「丹波島・橋南」との表記もある。ローマ字表記は"Tanbajima Hashi-Minami"。停名の由来は犀川(さいかわ)にかかる丹波島橋の南詰に位置することから。高速・大阪長野線の停留所としての新設は1998年1月15日から。
 川中島バス「丹波島橋南」停留所としては、交差点を中心に4ヶ所のりばがあるが、高速バスが停車するのは国道上の2ヶ所である。写真は長野市街に向かって撮影。 
  なお、「丹波島橋南」停留所のよみについて、停名の由来である「丹波島橋」を「たんばじまばし」とよむのが、地元の川中島バスでは「たんばじま はしみなみ」としている。共同運行路線においては、停留所名は地元側事業者のそれに合わせるため、共同運行他社においても「たんばじま はしみなみ」とするのが正しい。このため、阪急バスや松本電鉄バスなどは川中島バスにあわせて「たんばじま はしみなみ」としているが、同じく共同運行会社でも京王電鉄バス(東京)・名鉄バス(愛知)・千曲バス(長野県佐久)・信南交通(長野県飯田)などでは「たんばじまばし みなみ」としており、現状では共通化されていない。当記事では大阪長野線の長野側共同運行会社である川中島バスで採用されているよみを尊重して、「たんばじま はしみなみ」とした。

hw-tanbajima_10.jpg 
 長野IC方面に向かって撮影。

・国道117号線上・交差点南側・南行きのりば
 高速バス(乗車専用)
  京都・大阪、新宿、名古屋、上高地、松本空港、松本、飯田、佐久
 路線バス(川中島バス)
  [30]川中島古戦場・長野IC前経由 松代駅・松代高校 
  [31快速]/[38]紙屋経由 大塚南 
  [32]運転免許センター入口経由 篠ノ井駅 
  [37]田牧経由 犀南団地   
  [若里・更北ぐるりん号]更北支所前経由 日赤
hw-tanbajima_12.jpg 
 各方面高速バスのりば。地元の路線バスも停車する。
 写真は丹波島橋南で乗車扱い中の飯田(長野県南部)行きの信南交通。 

hw-tanbajima_1007_14.jpg hw-tanbajima_1007_12.jpg   
 のりばに設置されている路線バス・高速バスの標柱(左)とコミュニティバス(右)の標柱。どちらの標柱も川中島バスが設置・管理している。

hw-tanbajima_1007_15.jpg hw-tanbajima_1007_17.jpg
 標柱の表・裏面には高速バス(左)と路線バス(右)の時刻表がそれぞれ掲示されている。高速バスの掲示面には運行系統図も掲示されていたが、いつのまにか撤去されていた。

hw-tanbajima_1007_08.jpg 
 バス停から南に少し行ったところにはサイクルアンドバスライド用の駐輪場が設置されている。

・国道117号線上・交差点北側・北行きのりば
 高速バス(降車専用)
  長野バスターミナル・長野駅、善光寺大門、長野県庁
 路線バス(川中島バス)
 長野バスターミナルを経て
  [30][37]長野駅・昭和通り経由 県庁前  
  [31][31快速][32][34][35][36][38]長野駅 
  [32][33][34]長野駅・昭和通り経由 市役所前 
  [102]県庁前・昭和通り・市役所前経由 文大長野高校
  [103]県庁前・合同庁舎前経由 善光寺大門 
  [111]千石入口・昭和通り経由 善光寺大門    
hw-tanbajima_1007_25.jpg 
 歩道橋北側には高速バスおりばと長野駅行き路線バスのりばが設置されている。

hw-tanbajima_1007_30.jpg hw-tanbajima_1007_23.jpg
 高速バスおりばの標柱。到着時刻表と注意書きが掲示されている。標柱は川中島バスによる管理・設置。

hw-tanbajima_1007_28.jpg hw-tanbajima_1007_29.jpg
 路線バス(長野駅方面)の標柱の掲示部はこんな感じ。

hw-tanbajima_11.jpg 
 こちらにもサイクル&バスライド用の駐輪場が設置されているが・・・、そのカオスな停め方は土地柄を伺うことが出来る。

・交差点東側・東行きのりば
 路線バス(川中島バス) [36]綱島 
hw-tanbajima_1007_01.jpg 
 交差点東側には国道18号方面へのバスのりばがあるが・・・。

hw-tanbajima_1007_04.jpg 
 運行本数は平日たったの2便のみ(撮影当時)。

・交差点西側・西行きのりば
 路線バス(川中島バス)
  [33]北原経由 今井駅、(篠ノ井)高田
  [34]三本柳小学校前、[35]中氷鉋方面 稲里(循環) 
hw-tanbajima_1007_31.jpg 
 JR信越本線の川中島・今井・篠ノ井各駅周辺に向かうバスはここから発車する。バスで川中島駅入口へ向かう場合はここから乗ると良い。
 
hw-tanbajima_1007_33.jpg 
 運行本数は一時間に1本もない状態。このあたりは道が平坦なので、歩いても大したことは無いが・・・。

2009.2.16 2010.7.2 2008.10.4ver1.0

<補足>「丹波島橋南」停留所の利用について
 ・JR長野駅より川中島バス[30]~[38]系統で「丹波島橋南」下車
 ・JR篠ノ井駅より川中島バス[32]系統で「丹波島橋南」下車(運行本数に注意)
 ・JR川中島駅、JR長野駅東口より3km
 

※ 旅行・観光する際の注意事項 
 なお、長野市や松本市など長野県の特に北部・中部地域は車のマナーが非常に悪い。長野ナンバーの車では右折・左折する直前にウィンカーを出す、松本ナンバーの車では交差点での右折優先による進路妨害や横断歩道を渡ろうとする歩行者を轢き殺そうとする、といった感じだ。県内で旅行・観光する際にレンタカーを借りる場合には、くれぐれも注意しておきたい。
 さらに、路線バスについても、アルピコ交通(川中島バスなど)や長電バスをはじめ、長野県中北部の路線バスでは、運転が異常に荒く、車内事故を誘発している。また、早発など違法行為が常態化しており、路線バスの利用ははなるべく避けるのが好ましい。 

 長野市南部の主要停留所になっている「丹波島橋南」停留所。周囲にはこれといった観光要所は無く、もっぱら周辺住民の利用が中心となる。路線バス(川中島バス)では、長野駅~丹波島橋南間で毎時3~4本程度の本数があり、ここから更に長野駅に向かうのであればこうした路線バスを使うのも良いだろう。ただし、[30]長野駅・
(長野)県庁前~松代線以外の路線は土曜休日ダイヤになると本数が大きく減るので注意。時刻表や運賃は川中島バスのWEBサイトを参照のこと。
 ちなみにここから西にあるJR川中島駅へは3kmほどの距離があり、長野駅からの距離と大差はない。川中島駅方面から利用する場合はタクシーなどの送迎を利用するとよいだろう。

hw-nagano-sta_101103_9186.jpg 
 丹波島橋南を経由する系統のひとつ、川中島バス稲里循環線[35]系統 丹波島橋南経由稲里方面(循環)。

hw-nagano-sta_101030_9092.jpg  
 県庁前~
長野駅長野バスターミナル~丹波島橋南~川中島古戦場長野インター前~松代駅~松代高校間を走る松代線[30]古戦場経由松代行き。アルペン長野号が停車する長野インター~長野駅間の相互利用したいときにはこのバスで。

※ 旅行・観光する際の注意事項
 なお、長野市や松本市など長野県の特に北部・中部地域は車のマナーが非常に悪い。長野ナンバーの車では右折・左折する直前にウィンカーを出す、松本ナンバーの車では交差点での右折優先による進路妨害や横断歩道を渡ろうとする歩行者を轢き殺そうとする、といった感じだ。県内で旅行・観光する際にレンタカーを借りる場合には、くれぐれも注意しておきたい。また、路線バスを利用する場合も市内を走る路線バスは運転がかなり荒いため、利用による怪我には要注意。

◆丹波島橋南停留所ヨコのタクシーのりば 
hw-tanbajima_1007_19.jpg 
 高速バスおりばのスグ横にはタクシー営業所があり、ここからタクシーに乗り継いで各所に行くことも可能だ。

◆JR信越本線・川中島駅 
hw-tanbajima_7037.jpg 
 丹波島橋南から西へ3kmほど行ったところにあるJR川中島駅。周辺には住宅街が広がっている。駅前ロータリーにはタクシーが常駐しており、高速バスを利用するならここからタクシーで移動すると良いだろう。(道が平坦なので歩いても良いが、かなり時間がかかるのでオススメはしない) 
 ちなみに駅舎には川中島古戦場に関する記述のある駅案内板があるが、ここから5km近く離れている。長野駅から路線バス(川中島バス)に乗るか、隣のJR今井駅からタクシーで4km乗るか、が最適な移動手段だ。

◆川中島バス「川中島駅入口」停留所~JR川中島駅から東へ1km 
hw-tanbajima_7035.jpg 
 丹波島橋南を経由する川中島バスの路線に[33]北原篠ノ井線と[35]稲里循環線がある。これらの系統は途中に「川中島駅入口」を経由するが、この「川中島駅入口」という停留所はJR川中島駅から1km離れており、徒歩でも15~20分はかかるので、利用する場合は注意しておきたい。

hw-tanbajima_7033.jpg 
 「利用する」とはいっても、本数はやはり限られている。ちなみにこの標柱に掲示されている時刻表をみると、標柱は南行きに設置されているのに、南行きの便について『道路の反対側(=北行き)でお待ち下さい』という、誤った注意書きが。本来は北行きの便について道路の反対側(=北行き)で待つのが正しい。

関連記事

 廃止停留所(高速線)