阪急バス路線物語(BLOG ver.)

阪急バス・阪急田園バスが運行する京阪神地区を中心に、「バス停」とその風景を撮り続けています。

5501(0188) 呉服橋西詰(くれはばしにしづめ)

  川西市小戸2丁目、国道176号・呉服橋西詰にある停留所。 1966~1967年頃までは「川西病院前」という停名だったが、市立川西病院が中央町(市役所北東。その後東畦野へ再々移転)に移転したことにより、現在の停留所名称となった。 2002年3月24日ダイヤ改正時に杉生線[12][22]池田~日生中央系統の廃止に伴って、一般路線としてこの停留所は廃止された。同改正以降も、深夜急行バスの降車専用停留所として引き続き使用され...

5502(0189) 小花一丁目(おばないっちょうめ)

  国道176号線、川西市小花1丁目にある停留所。もともとの停留所名称は「川西能勢口」で、1991年2月20日に川西能勢口駅周辺整備に伴う路線再編によって「小花一丁目」に名称変更した。 2002年3月24日ダイヤ改正時に杉生線[12][22]池田~日生中央系統の廃止に伴って、一般路線としてこの停留所は廃止された。同改正以降も、深夜急行バスの降車専用停留所として引き続き使用されていた。 2017年11月1日、東能勢線伏尾台系統...

0187 西本町(にしほんまち)

  池田市西本町、国道423号・176号線 西本町交差点にある停留所。標柱は4ヶ所に設置されている。 交差点北側北行きに伏尾台・余野方面、南側北行きに深夜急行バスおりば(旧・杉生線のりば)、南側南行きに池田方面、西側西行きに川西方面の各バス停がある。  池田・川西方面に向かって撮影。このあたりは渋滞が著しい。  呉服橋東詰から西本町に向かって撮影したもの。[交差点北側北行き]東能勢線のりば 久...

九十九(つくも)

  吹田市津雲台5丁目にあった停留所。1962年9月15日の千里ニュータウン線(当時)の運行開始に伴って新設されたが、1981年4月15日の千里ニュータウン線路線再編で廃止された。末期は北行きのみに停留所が設置されていた。 千里ニュータウンが「千里山」だった頃、この付近一帯には「九十九谷」という小さい谷が連続してあったという。字名としても「九十九」が残っていたものが、現在の「津雲台」の由来となった。現在も旧九十...