阪急バス路線物語(BLOG ver.)

阪急バス・阪急田園バスが運行する京阪神地区を中心に、「バス停」とその風景を撮り続けています。

向日町(むこうちょう)

  向日市上植野町上川原にあった停留所。1982年7月15日の大山崎・向日管内路線再編で廃止された。   阪急東向日に向かって撮影。2016.12.28...

東甲子園口(ひがしこうしえんぐち)

  西宮市松並町にあった停留所。1966年8月1日、武庫川線路線再編により東甲子園口~武庫大橋間が廃止されたことでこの停留所も廃止された。なお、運行経路としては[36]甲東園~JR甲子園口系統が往路のみ、現在も付近を経由している。  左に見える橋は2002年5月31日に開通した山手幹線の山手大橋。山手幹線の整備に伴って、バス停があった場所には防音壁が設けられた。2016.12.28...

南郷町(なんごうちょう)

  西宮市南郷町にあった停留所。1986年12月20日、西宮市内線五ヶ池系統の運行経路を市道越木岩線に変更したことにより、阪急夙川~(→大井手橋→/←南郷町←)~名次町~獅子ヶ口間を廃止した。 阪神大震災を経て2000年代に道路が拡幅されたため、廃止されたバス停の跡などは一切残っていない。   苦楽園口方面に向かって撮影。2016.12.28...

名次町(なつぎちょう)

  西宮市名次町にあった停留所。1986年12月20日、西宮市内線五ヶ池系統の運行経路を市道越木岩線に変更したことにより、阪急夙川~(→大井手橋→/←南郷町←)~名次町~獅子ヶ口間を廃止した。 阪神大震災を経て2000年代に道路が拡幅されたため、廃止されたバス停の跡などは一切残っていない。  苦楽園口方面に向かって撮影。2016.12.28...

大井手橋(おおいでばし)

  西宮市大井手町、大井出橋東詰にあった停留所。末期は北向きにのみ路線が走っていた。 1986年12月20日、西宮市内線五ヶ池系統の運行経路を市道越木岩線に変更したことにより、阪急夙川~(→大井手橋→/←南郷町←)~名次町~獅子ヶ口間を廃止した。  阪急夙川方面に向かって撮影。2016.12.28...

0503 両度町(りょうどちょう)

この記事では2000年11月1日に廃止された(旧)「両度町」 停留所の記事です。同日に「森下町」から名称変更された、現在の「両度町」停留所の記事はこちらをご覧ください。  西宮市高松町にあった停留所。停留所名称の由来は停留所西側にあった地名から。2000年11月1日に、西宮北口駅南西バスターミナルの乗り入れ開始に伴って廃止された。この廃止に伴って、「森下町」停留所が「両度町」に名称変更となった(あわせて停留...

全但ハウス前(ぜんたんはうすまえ)

   神戸市灘区六甲山町南六甲、前ヶ辻付近にあった停留所。停留所北側に全但ホテルがあったことからこの停留所名となったようだ。停留所が新設および廃止された時期は定かではなく、少なくとも1970年代には存在していた。2012.10.6...

阪急売布(はんきゅうめふ)

  宝塚市売布2丁目、阪急売布神社駅前にあった停留所。1972年6月1日、阪北線の国鉄川西池田以西への路線が廃止されたことで、当停留所も廃止された。 廃止から30年後の2002年3月27日には駅前広場に「売布神社駅前」停留所が新設された。これは売布循環線の開設によって新設されたもので、同年6月1日には阪急逆瀬川~売布神社駅前系統の運行も開始された。   かつて停留所があったと思われる場所は阪神大震災後の再開発事業に...

阪急中山(はんきゅうなかやま)

   宝塚市中山寺1丁目、国道176号線・阪急中山駅前交差点付近にあった停留所。1972年6月1日、阪北線の国鉄川西池田以西への路線が廃止されたことで、当停留所も廃止された。   1977年6月10日に中山台線が開業したことにより、阪急中山駅南側の駅前広場に「阪急中山」停留所が新設された。この中山台線の運行経路には阪北線として廃止された阪急中山駅前~中筋2丁目交差点の区間も含まれるが、国道176号線上に停留...

国鉄中山(こくてつなかやま)

   宝塚市中筋4丁目、国道176号線・国鉄中山寺駅北側にあった停留所。1972年6月1日、阪北線の国鉄川西池田以西への路線が廃止されたことで、当停留所も廃止された。   1977年6月10日に中山台線が開業したことにより、国道176号線・阪急中山駅前~中筋2丁目交差点間にふたたびバス路線が通ることになるも、停留所の設置はなされなかった。その後、中山寺駅北側の再開発事業の進展もあり、2011年4月1日に(旧)中...

中筋神社前(なかすじじんじゃまえ)

  宝塚市中筋2丁目、(中筋)八幡神社前にあった停留所。1972年6月1日、阪北線の国鉄川西池田以西への路線が廃止されたことで、当停留所も廃止された。   1977年6月10日に中山台線が開業したことにより、国道176号線・阪急中山駅前~中筋2丁目交差点間にふたたびバス路線が通ることになるも、停留所の設置はなされなかった。その後、中山寺駅北側の再開発事業の進展もあり、2011年4月1日に(旧)中筋神社前~(旧)国...

山本(やまもと)

   宝塚市山本中3丁目にあった停留所。1972年6月1日、阪北線の国鉄川西池田以西への路線が廃止されたことで、当停留所も廃止された。  JR川西池田方面に向かって撮影。路線廃止後から現在にかけて残っている施設は右側にみえる農協くらいだろう。2016.12.23...

阪急山本(はんきゅうやまもと)

  宝塚市山本東3丁目にあった停留所。1972年6月1日、阪北線の国鉄川西池田以西への路線が廃止されたことで、当停留所も廃止された。当時は市役所長尾支所や交番・消防署派出所などが近傍にあった。 1984年5月21日には国道176号線南側の市道に「阪急山本」停留所を新設するが、1992年11月24日に阪急山本駅北口の駅前広場への乗り入れ開始によって「山本東三丁目」に名称変更されている。  現在は「山本東三丁目」停留所の阪急...

平井(ひらい)

  宝塚市平井にあった停留所。1972年6月1日、阪北線の国鉄川西池田以西への路線が廃止されたことで、当停留所も廃止された。   JR川西池田方面に向かって撮影。2016.12.23...

雲雀ヶ丘(ひばりがおか)

   宝塚市雲雀丘にあった停留所。1972年6月1日、阪北線の国鉄川西池田以西への路線が廃止されたことで、当停留所も廃止された。  川西池田・梅田方面に向かって撮影。2016.12.23...

日通前(にっつうまえ)

   川西市栄町にあった停留所。停留所名称の由来は日本通運の営業所があったことから。その後、川西能勢口駅前の市街地整備事業により、日通の営業所があった場所にはアステ川西や栄南団地が立っている。 停留所の廃止時期は分からないが、国鉄川西池田駅及び阪急川西能勢口駅周辺の市街地整備に伴い、満願寺線[12]池田~国鉄川西池田系統(2往復)が運行休止に。1991年2月20日、川西バスターミナル・JR川西池田駅前...

川西診療所前(かわにししんりょうじょまえ)

  川西市中央町、川西市保健センター前にあった停留所。もともとの停留所名称は「川西病院前」。市立川西病院が畦野へ移転したことに伴って、1985年2月15日に「川西診療所前」に名称変更した。その後、川西市役所新庁舎車両進入口と重なるため、川西市から移設の要請を受けていたが、次の川西市役所前停留所まで160mということもあり、1992年3月1日に廃止された。  出在家町方面に向かって撮影。2016.12.23...

七条壬生通(ななじょうみぶどおり)

  京都市下京区観喜寺町にあった停留所。1974年9月5日、桂線・阪急桂~七条大宮間の廃止により廃止された。 その後、1995年12月に京阪バスの京阪淀~阪急桂駅前系統が路線廃止、1997年10月12日に京都市バスの路線再編で「梅小路公園前」に名称変更、1999年8月10日には京都交通(現在の京阪京都交通)が停留所を新設したことで、現在は京都市バスと京阪京都交通の2者が乗降扱いをおこなっている。   阪急桂方面に向か...

七条千本(ななじょうせんぼん)

  京都市下京区七条千本にあった停留所。1974年9月5日、桂線・阪急桂~七条大宮間の廃止により廃止された。京阪バスの京阪淀~阪急桂駅前系統も1995年12月に廃止されたことで、現在は京都市バスと京阪京都交通のみが停車している。  阪急桂方面に向かって撮影。  現在の七条大宮方面の標柱。    現在の阪急桂方面の標柱。2016.11.19...

七条御前通(ななじょうおんまえどおり)

   京都市下京区七条御前にあった停留所。 1958年4月10日に「七条七本松」停留所を廃止するとともにこの停留所が新設された。1974年9月5日、桂線・阪急桂~七条大宮間の廃止により廃止された。 その後は、京阪バスの京阪淀~阪急桂駅前系統も1995年12月に廃止されたほか、1999年8月10日に京都交通(現在の京阪京都交通)が新設したことで、現在は京都市バスと京阪京都交通のみが停車している。  阪急桂方面に向かっ...

西大路七条(にしおおじななじょう)

  京都市下京区西大路七条にあった停留所。1974年9月5日、桂線・阪急桂~七条大宮間の廃止により廃止された。京阪バスの京阪淀~阪急桂駅前系統も1995年12月に廃止されたことで、現在は京都市バスと京阪京都交通のみが停車している。  阪急桂方面に向かって撮影。   現在の七条大宮方面の標柱。  現在の阪急桂方面の標柱。2016.11.19...

月読橋(つきよみばし)

  京都市下京区七条御所ノ内西町、月読橋西詰にあった停留所。1974年9月5日、桂線・阪急桂~七条大宮間の廃止により廃止された。京阪バスの京阪淀~阪急桂駅前系統も1995年12月に廃止されたことで、現在は京都市バスと京阪京都交通のみが停車している。  阪急桂方面に向かって撮影。  七条大宮方面の標柱。   阪急桂方面の標柱。  かつて月読橋バス停の南側には七条車庫があった。現在は住宅とパチンコ屋になっている。...

大門町(だいもんちょう)

   京都市右京区西京極大門町にあった停留所。1974年9月5日、桂線・阪急桂~七条大宮間の廃止により廃止された。京阪バスの京阪淀~阪急桂駅前系統も1995年12月に廃止されたことで、現在は京都市バスと京阪京都交通のみが停車している。  阪急桂方面に向かって撮影。  七条大宮方面の標柱。  阪急桂方面の標柱。2016.11.19...

川勝寺(せんしょうじ)

   京都市右京区西京極南方町にあった停留所。1974年9月5日、桂線・阪急桂~七条大宮間の廃止により廃止された。京阪バスの京阪淀~阪急桂駅前系統も1995年12月に廃止されたことで、現在は京都市バスと京阪京都交通のみが停車している。  左の金物屋に阪急桂方面の標柱があったが、天神川通~葛野大路間の葛野西通が2010年5月28日15時に開通したことで、七条通を通ることはなくなった。  現在の東行きの標柱。  ...

東側町(ひがしがわちょう)

  京都市西京区西京極東側町にあった停留所。1974年9月5日、桂線・阪急桂~七条大宮間の廃止により廃止された。京阪バスの京阪淀~阪急桂駅前系統も1995年12月に廃止されたことで、現在は京都市バスと京阪京都交通のみが停車している。  阪急桂方面に向かって撮影。   現在の標柱は東行きに設置されているが、上下線兼用のものになっている。2016.11.19...

桂大橋東詰(かつらおおはしひがしづめ)

   京都市右京区西京極西向河原町にあった停留所。1974年9月5日、桂線・阪急桂~七条大宮間の廃止により廃止された。京阪バスの京阪淀~阪急桂駅前系統も1995年12月に廃止されたことで、現在は京都市バスと京阪京都交通のみが停車しており、停留所名は「桂大橋」となっている。  阪急桂方面に向かって撮影。  現在の東行きの標柱。  現在の西行きのりば。2016.11.19...

桂大橋西詰(かつらおおはしにしづめ)

  京都市西京区桂浅原町にあった停留所。1974年9月5日、桂線・阪急桂~七条大宮間の廃止により廃止された。京阪バスの京阪淀~阪急桂駅前系統も1995年12月に廃止されたことで、現在は京都市バスと京阪京都交通のみが停車しており、停留所名は「桂離宮前」となっている。  阪急桂方面に向かって撮影。    現在の東行きの標柱。  現在の西行きの標柱。2016.11.19...

下桂(しもかつら)

  京都市西京区桂春日町にあった停留所。1974年9月5日、桂線・阪急桂~七条大宮間の廃止により廃止された。京阪バスの京阪淀~阪急桂駅前系統も1995年12月に廃止されたことで、現在は京都市バスのみが停車している。  阪急桂方面に向かって撮影。  現在の市バス東行きの標柱。   現在の市バス西行きの標柱。2016.11.19...

桂消防署前(かつらしょうぼうしょまえ)

   京都市西京区桂木ノ下町、桂消防出張所東にあった停留所。1953年10月に木下町~七条大宮間(4.9km),11月に木下町~阪急桂間(0.4km)を新規延長することで、阪急桂~七条大宮系統として運行を開始した。当時の「木下町」停留所がこの停留所だと推測される。 1974年9月5日、桂線・阪急桂~七条大宮間の廃止により廃止された。京阪バスの京阪淀~阪急桂駅前系統も1995年12月に廃止されたことで、現在は京都市バスと...

2016年12月15日、池田から希望ヶ丘への帰りがより便利に~東能勢線ダイヤ改正~

千里中央まで出なくても、池田からでも帰られる!東能勢線・牧行きが希望ヶ丘まで延伸!  2016年12月15日、東能勢線でダイヤ改正が実施され、[136]池田~牧系統のうち、夕ラッシュ~終発の牧行きが余野(東能勢中前)・浅田・木代・希望ヶ丘まで延伸されることとなりました。 1997年12月22日のダイヤ改正では、東能勢線と北大阪ネオポリス線が余野で接続できるような形態が組まれてきました。この頃から、すでに池田~牧系...